年金と失業保険の併給

 

定年退職となっても失業保険の受給は可能です。

詳しくは以下を参照。

高齢者の失業保険の受給資格

定年退職でも失業保険は受給できる

しかし60歳時点では雇用保険では高齢者とならず、通常の受給資格を満たしていないといけません。

以下を参照。

失業保険の受給資格を得ているかどうか判断する

しかし60歳後も、再雇用などで嘱託契約などで在籍を継続するということもあります。

このような場合、失業保険と年金が同時に受給することができるという場合もあります。

この2つを同時に受給できるのかについて紹介していきます。

 

65歳になるまでの年金との併給はできない

特別支給の老齢厚生年金

 

年金には65歳に到達する前と後とで受給される2種類があります。

このうち65歳前の年金は「特別支給の老齢厚生年金」と言われます。

これと失業保険の併給はできないとされています。

 

高年齢雇用継続給付によって減額される年金

 

これも失業保険とともに雇用保険の1つの制度です。

 

高年齢雇用継続基本給付金

  • 60歳に達したときにそれまでよりも賃金が低額になることがあります。
  • これによってその従来よりも下がった賃金の一部を補てんして支給されるという制度です。

 

高年齢再就職給付金

  • 60歳に達した以後に就職し雇用保険に加入した場合に、高年齢雇用継続基本給付金と同額の支給が行われる制度です。

 

これらが支給される場合には、年金の一部の支給停止が行われます。

65歳までの年金と失業保険の併給はできませんでした。

そのため失業保険を受けるという場合には、年金事務所への手続が必要となります。

黙って同時に受給していた場合、返還などのペナルティーもありますので注意が必要です。

 

65歳に達した後の失業保険との併給は可能

 

上記を見てもらうとわかりますが、

「65歳になるまでの失業保険は一時金ではなく、通常と同様に月ごとに支給されるもの」

となっています。

この関係で年金との併給はできないとなりました。

しかし65歳になれば失業保険は一時金となります。

高齢者の失業保険の受給資格

この関係もあり、65歳に達した後の一時金としての失業保険と年金とは減額されたりせずに同時に受給することができます。