失業保険中に妊娠

 

まれにあるケースですので紹介しておきます。

失業保険では受給期間は最低でも3か月など長期にわたることがあります。

受給が開始されて、その期間中に妊娠が発覚したということがあります。

このような場合、失業保険の受給についてどのように対応するべきかということが問題となってきます。

本来失業保険とは

 

  • 失業状態にあること
  • 再就職の意思があること

 

ということが前提となっています。

再就職の意思としては

「毎月の失業認定日」

で、就職活動について適切に行っているのかがチェックされます。

そのため妊娠で再就職活動ができないという状態であれば、失業保険の受給が違法かどうなのか?ということが問題となるわけです。

 

妊娠を理由に延長を申請できる

 

失業保険では受給期間というものがあります。

これは1年となっていますが、給付日数がそれぞれ設定されていると思いますが、この1年の間にしか受給できないということです。

例えば、離職して待期期間が終わってもしばらくゆっくりしていたというような場合などによく問題となるものです。

あまりにゆっくりしていると、給付日数のうち1年をはみ出たものについては受給できないということになります。

今回の妊娠の件では、この受給期間が4年というように延長されます。

妊娠と出産や育児時間もある程度包括してくれる期間まで延長してくれるということです。

ちなみに妊娠以外にも

 

  • 出産
  • 育児
  • 疾病や負傷

 

といった場合にも適用される制度となっています。

失業保険では育児を理由として延長される

申請期限は、引き続いて職業に就くことができなくなった翌日から1か月以内となっています。

申請先は今まで通っていたハローワークとなっています。

出産や育児を落ち着けてから、失業保険を再度受給しつつ再就職活動を再開したいという方は早めに申請手続を行いましょう。

失業保険の受給を再開する際には、健康になったことを証明する必要があります。

この際には医師の診断書の添付など手続が必要となることは覚えておきましょう。

 

妊娠したまま失業保険を受給できるか?

 

上記の延長制度を活用しないで受給したいという方もいます。

たしかに妊娠したといっても

 

  • 会社の面接を受ける
  • ハローワークにも失業保険上の受給手続のため通う

 

ということであれば違法とまではいえないかもしれません。

しかし健康上問題も出てくると思いますので、個人的には大人しく延長申請をするべきであると考えます。

 

失業保険の放棄も可能

 

自分で再就職が体調的にできないと判断して失業保険の受給をその後放棄することも可能です。

手続も特に必要なく、そのまま出産や育児に入っていくということですが、一番面倒もない方法です。

失業保険も残り少ないという場合には割合採用されている方法ではあります。

どうしても手続が面倒という方はこれでも良いかもしれません。