失業保険は育児で延長される

 

退職してから

 

  • 妊娠
  • 出産
  • 育児
  • 疾病や負傷

 

をすることがありますが、このような場合には受給期間が延長されます。

 

通常、受給期間は1年

 

失業保険では給付日数というものがあります。

しかしそれが残っていても

「受給期間を過ぎれば給付が打切り」

となるということです。

上記の4つの事由に該当しない場合には、この受給期間は1年となっています。

しかし育児をはじめとして事由に該当すれば、最大で4年まで延長されます。

疾病や、妊娠から育児まで再就職を目指せる状況となるまでに時間がかかるわけですが、4年あればそこそこ再就職を目指そうとする状況は整うのではないでしょうか?

 

延長される育児の概念

 

これは明確に

「乳幼児が3歳未満であること」

というように定められています。

それ以上の年齢の育児では延長の対象とならないということです。

 

妊娠・出産の流れから延長を申請する

 

個人的には

「育児があるので延長する」

ということは少ないのではないかと思います。

失業保険を受給中に妊娠がわかって、再就職活動が十分にできないので延長を検討するということが多いように思います。

詳しくは以下を参照してください。

失業保険を受給しながら扶養に入るのは違法か?

失業保険受給中に妊娠すればどのようにするべきか?