失業保険とアリバイ会社

 

あまりなじみのない言葉と感じる方もいるので念のために説明しておきます。

アリバイ会社とは

「ペーパーカンパニーであって、その会社に勤務しているように装うための書類を発行するサービス」

というものです。

つまり失業保険との絡みであれば、勤務しているように装いができるので

 

  • 親族
  • 親しい知人

 

などに「失業状態にはない」ということを証明でき、安心させることができるということもいえます。

このようなアリバイ会社に「入社した」場合に失業保険の受給はどのようになるのかについて紹介しておこうと思います。

 

失業保険の不正受給となるか?

 

しばしば不正受給がばれるものです。

そのパターンとしては

 

  • 転職先の会社に雇用保険加入の手続をされてしまった
  • 知人にハローワークに通報された
  • 本人がハローワークに話してしまった

 

といったものが多いです。

詳しくは以下を参照。

開業しながら失業保険を受給しても良いか?

失業保険受給中のアルバイトは違法か?

失業保険中のアルバイトはなぜばれるか?

ではこのようなアリバイ会社への「入社」が不正受給に該当するのかどうかについてですが、

失業保険の受給要件には

 

  • 雇用保険の資格喪失状態にあること
  • 失業状態にあること

 

といったものがあります。

たしかにペーパー会社かもしれませんが、「入社」したと書類上なっています。

動機としては周囲の人の安心というかわいいものかもしれませんが、やはりグレーと解釈するべきだと考えます。

失業保険の不正受給には3倍返しの厳しいペナルティー

 

アリバイ会社入社がバレるとき

 

ペーパー会社だから

 

  • 雇用保険には加入しない
  • 収入も発生しないので年末調整もしない

 

だからバレないと思う方は多いかもしれません。

手続上ではたしかにばれることは少ないでしょうが、知人に「入社した」と話している場合には知人からバレてしまうこともあるようです。

やはりしっかりと再就職するほうが良いと思います。