失業保険いつまでに申請?

 

退職してしばらく手続をしない場合もあります。

 

  • ゆっくりしたい
  • 気持ち的にハローワークに行く気がしない

 

などいろいろなパターンがあります。

しかし結論から言いますと

 

  • 失業保険では申請に行ってはじめて受給が開始される
  • 受給可能期間は1年なので、申請が遅くなると途中で打ち切りもある

 

となります。

例えば所定給付日数が150日の方の場合、ほぼ半年弱の受給期間が必要です。

しかし10か月の間退職しても申請に行きませんでした。

この場合、あと2か月しか受給期間が残っていません。

所定給付日数は多い方ではありますが、受給期間が2か月しかないので途中までしか受給できないとなります。

ここから見ると逆算すれば、

「いつまでに退職してから申請にいかないとすべての受給ができないのか?」

は理解できると思います。

 

逆算して申請時期を算出しよう

 

少し具体例で示します。

例えば自己都合退職で90日の所定給付日数だったとします。

この場合、自己都合ですので

 

  • 待期期間 7日
  • 給付制限期間 3か月

 

がつきます。

所定給付日数が90日ということで、すべて受給するには3か月程度は必要となります。

ですのですべてを合計すると

「90日 + 3か月 + 7日 = 6ヶ月強」

は必要となるということです。

受給期間は上記で記載しましたように1年でした。

そのため

「1年 - 6ヶ月強 = 5か月強」

これが退職してから申請に行かなくても満額受給できる概算の期間といえます。

 

まとめ

 

整理しておきます。

 

1年 - (待機期間 + 給付制限期間 + 所定給付日数)

 

このような概算の式で、退職してから申請に行かずにゆっくりできる期間が算出できます。

 

  • 待期期間は7日です
  • 給付制限期間は3か月です(ただし会社都合などの場合、この制限期間はなくなります)

 

あとは受給期間の「1年」の箇所は延長することもできます。

失業保険の延長制度を上手に活用しよう

失業保険受給中に妊娠すればどのようにするべきか?

失業保険では育児を理由として延長される

にも記載しましたように

 

  • 妊娠
  • 出産
  • 育児
  • 疾病や負傷

 

といった事由がある場合に延長がなされるとされています。