台風時の出勤

 

近年では都市部に平気で台風も上陸するようになりました。

しかし台風が巨大化してきているという認識は日本人では薄く、巨大台風の可能性があっても出勤をさせているということも少なくないように思います。

たしかに巨大台風で出勤させないようにすれば

 

  • その日の売上がなくなる
  • 後日に仕事が回らなくなる

 

といったようなデメリットはあるかもしれません。

しかし長期的に考えれば、このようなことは些細なことでもあります。

個人的には巨大台風の日には無理な出勤はさせないようにするべきだと考えます。

 

台風欠勤による人件費の損失はない

 

まずは給与規程などを確認してみましょう。

おそらく

 

  • 遅刻
  • 早退
  • 欠勤
  • 勤務をしていない日や時間

 

では給与はカットするといったようなノーワーク・ノーペイの規定を行っていると思います。

正社員についてもそのような規定があれば、台風欠勤による賃金カットも違法ではないとなります。

したがって台風に無理に出勤させなくても、欠勤をさせてその部分の賃金をカットすれば人件費という点で会社には損やダメージはないことがわかります。

 

台風出勤での通勤事故

 

逆に無理な出勤でリスクもあります。

それは台風による無理な出勤で、労働者が事故を起こしたり、事故に巻き込まれるようなケースです。

この場合、労災保険の適用があるとは思いますが、非常識な日に出勤を命じたとして民事賠償責任を追求されても仕方のないことです。

 

  • 通勤災害として処理する労力
  • 有能な従業員の場合にはその後の労災休業中の穴の埋め方

 

といった点である程度の期間は会社にダメージも出てくることでしょう。

こうして考えると巨大台風の日の無理な出勤にどこまで利益があるのかは疑問といえます。