パートやバイトの休日労働

 

労働者である限り労働基準法通りに考えていきます。

 

労働基準法第35条(休日)

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。

 

正社員と同じようにこの条文をもとに考えます。

これによれば、毎週1日の休日を付与できれば休日労働とはならないということとなっています。

まずは自社のパートタイマー就業規則やアルバイトに適用される就業規則の休日の規定を見ていきましょう。

そこに休日の規定があると思います。

 

法定休日が特定されている場合

 

パートタイマー就業規則などに

「法定休日は日曜日とする」

などといった曜日まで特定されている場合、この日に労働させた場合には休日労働割増賃金(35%増)の支給が必要となります。

しかしこの曜日指定までの規定はないほうが少ないかもしれません。

 

シフト表による場合

 

勤務体制の特定を就業規則で規定していない場合もあります。

この場合、例えば

「パート(アルバイト)の勤務体制はシフト表による」

といったような規定が考えられます。

このような場合でも「毎週日曜日は休日」といった運用が望ましいと思いますが、週によって休日がまちまちであることもあります。

例えばある週に以下のような勤務となりました。

 

  • 日曜日から水曜日は労働あり
  • 木曜日は休日
  • 金曜日は労働あり
  • 土曜日は休日

 

この場合、木曜日と土曜日は休めています。

週1日以上の休日は確保できているので、休日労働はないこととなります。

仮にどちらかの休日を労働させたとしても、まだ1日は休日であるのでやはり休日労働とはならないこととなります。

そのため、週(日曜日から次回の土曜日まで)すべてを労働させた場合には、休日労働があることとなるとなります。

(ただしこれは就業規則その他で法定休日の特定がない場合に限ります)

 

どの曜日の労働が法定休日か?

 

例えば上記のような勤務シフトであれば

「休日は木曜日と土曜日」

というようなことを事前に労働者に伝えておかないといけません。

シフト表によってある程度流動的に運用したいという場合でもこれは守るべきことだと思います。

ですので、このどちらかの曜日を労働させてもまだ1日は休日が確保できるので休日労働とはなりませんでした。

時系列に早くやってくる木曜日の労働は休日労働ではありませんが、遅くなってくる土曜日も労働させた段階で休日労働となります。

ですのでこの場合、多くは土曜日が法定休日労働として割増賃金の対象となるということとなります。

法定外休日と法定内休日では割増率が違う