被保険者証と年金手帳

 

新しく入社しようというときに前職があればこの2つの書類の提出を会社に求められることがあります。

入社して社会保険の手続きをしようと思えば必要なものですが、探してみてもないということも多いです。

ただ以前の会社を退職したときに

 

  • 前職の会社の手続きがいい加減
  • 退職したときに受け取った書類などをどこにしまったのかわからない

 

といったような状態で今回のようなことはよく起ります。

入社して勤務スタートし、給与の支払い日まではやっておきたい手続きですので以下に沿ってしっかりと対応をしていきましょう。

 

年金手帳が見つからない

 

年金手帳については社会保険の手続きで必要ということで勤務中は前職の会社が保管していたという可能性が高いと思います。

退職時にはもちろん返却するわけですが、ひょっとすれば前職の会社が返却忘れをしているかもしれません。

自宅でもう一度退職時に受け取った書類などから探すとともに、それでも見つからないという場合には前職の会社に照会してみましょう。

それでも年金手帳が見つからないというときには行政に再発行を依頼するしかありません。

 

  • 前職の会社で厚生年金に加入していた場合、事業所を管轄する年金事務所
  • 現在国民年金に加入している場合には、現住所を管轄する市役所

 

に申請をします。

郵送で年金手帳再交付申請書を提出することで再発行の手続きは可能ですが、まずは市役所あるいは年金事務所に電話で聞いてみましょう。

窓口がわからないという方も手続き先を教えてもらえるはずです。

 

雇用保険被保険者証が見つからない

 

上記で年金手帳についてすでに調べましたが、そのときに雇用保険被保険者証が見つかることもあります。

これも一枚ものでしかも大きさもA4の半分以下ということで小さいので簡単に紛失することもあるようです。

前職の会社で雇用保険に加入していた場合には、自宅で雇用保険被保険者証が見つからないという場合にはまず探してみます。

それでも見つからないという場合には前職の会社に雇用保険番号の記録が残っていることもあるので照会してみましょう。

それでもまだわからないという場合にはハローワークに照会しなければいけません。

 

  • 運転免許証など本人確認ができるもの
  • 前職の会社の名前や住所などがわかるもの

 

を携帯してハローワークに行きます。

これは自宅を管轄するハローワークでも問題ありません。

事前に必要な持ち物がないか電話であらかじめ聞いておくと二度手間にならないといえます。

総合受付で雇用保険番号について調べに来ましたと伝えればすぐに案内してもらえます。

あとはコンピューター検索をしてもらって雇用保険番号の検索をし、さらに雇用保険被保険者証の再発行をしてもらいます。

雇用保険番号の調べ方

雇用保険番号の再発行を行う方法と9つのポイント