雇用保険番号通知書とは?

 

転職をして新しい会社に入社しようとすれば雇用保険番号の提出を求められることが出てきます。

そのときに新しい会社から

「雇用保険番号通知書を提出してください」

というように言われることがあります。

書類名もややこしいですし、また実際に自分では保管していないということもあって途方に暮れてしまうかもしれませんが、このような場合にはどのように対応していけば良いのかについてまとめてみたいと思います。

 

転職先に提出するべき書類とは?

 

冒頭に雇用保険番号通知書と記載しましたが、これは正式名称ではありません。

正式には

雇用保険被保険者証

といってその中に雇用保険番号が表記されています。

この書類は以前に雇用形態に関係なく以前に勤務していた会社で雇用保険に加入していれば、退職時に手渡しなどで受け取っていなければいけません。

まれに会社によって手続きがゆるい場合に、退職時にこの雇用保険被保険者証を渡すことを忘れているということもあります。

この場合、前職の会社に伝えて郵送してもらうことにしなければいけません。

また連絡をしてみたものの

 

  • 紛失している
  • すでにないと言われた

 

など釈然としない話をされた場合には、ハローワークに話をしても再発行してもらえます。

雇用保険番号の再発行を行う方法と9つのポイント

 

雇用保険番号通知書は労働者には入手できない?

 

実際には冒頭の

「雇用保険番号通知書」

という書類もあります。

正式名称は

「雇用保険被保険者資格取得等確認通知書」

といいます。

しかしこれは事業主用の書類で、通常は労働者に渡すものではありません。

そのため雇用保険番号通知書を転職先に提出と言われた場合には、認識の間違いか言葉を間違えていると理解し、

「雇用保険被保険者証」

を前職の会社、あるいはハローワークで入手してそれを転職先に提出すれば問題ありません。