パートで雇用保険に未加入

 

会社ごとに妙な要件で未加入としていることもあると思います。

しかし雇用保険の加入義務があるかどうかの基準は明確に定められていて、会社の就業規則やルールは一切無意味です。

念のため紹介しておきますと

「パートタイマー等であっても週20時間以上の労働時間である労働者は雇用保険に加入義務がある」

となっています。

最近では、

 

  • 退職したが失業保険が受給できない
  • 生活との関係で失業保険がないと困る
  • ハローワークに相談される
  • 会社の労働基準監督署の調査が入る

 

といったトラブルが増加しています。

 

言い訳は一切通用しない

 

ハローワークでは

 

  • 言い逃れ
  • 言い訳

 

は一切聞いてもらえません。

ごまかしも不可です。

パート労働者から

「労働時間が週20時間以上あることを証明できる書類(例えばタイムカードやその他の勤怠表など)を携帯されて訪問された」

という場合にはある種どうにもなりません。

パート労働者からすれば、通報すれば失業保険の加入記録が過去にさかのぼって修正され、すぐに失業保険が受給できることとなるので、かなりの割合で通報されれば会社にダメージが出てくるといえるでしょう。

 

過去にさかのぼって修正申告をしなければいけない

 

ハローワークから指導が入れば

「時効の2年前からの労働保険料の修正申告をする」

ことが求められます。

詳しくは以下を参照。

過去に遡って労働者を雇用保険に加入させる方法

この場合、該当する労働者の修正だけをすれば済む場合もありますが、悪質なケースでは会社単位での修正を求められることもあります。

さらに労働基準監督署の調査や是正指導が実施されることもあります。

 

雇用保険料は高いものではない

 

社会保険料はともかく

「雇用保険料はそこまで高いものではありません」

ちょっとした手続を違法にしていただけで、上記のような事態を招いてしまいます。

調査が入れば、他のことも調査されて、本来発覚しなかったことも是正対象となるかもしれません。

しっかりと法律に沿った雇用保険の加入手続を行っておきましょう。