失業保険と退職願

 

離職理由によって

 

  • 受給日数
  • 待期期間のあるなし

 

が変わってくることもあるというのは多くの方がご存じではないでしょうか?

離職理由が

 

  • 会社都合
  • 自己都合

 

のどちらになるのかが関係してきます。

当然、会社都合のほうが労働者にとっては有利です。

しかし会社からすれば解雇といった会社都合とすればペナルティーがあるのではないかということで、離職理由でトラブルになることも多いです。

失業保険を会社都合にすると会社にデメリットがあるか?

離職票の退職理由を会社都合にして欲しいと言われた

実際、会社都合にしても会社に不利になるということは案外少ないのです。

さて、このような事情があって、会社は自己都合に何とか持っていこうとするのは良くあることです。

悪質なケースでは完全な解雇であっても、自己都合とするようにしているようなケースも散見されます。

この方法の1つが

「退職願を会社に提出させる」

という方法です。

 

退職願は自己都合となるか?

 

論から記載しますと

「退職願・届は自己都合となりやすい」

と思っています。

特にその中に

「一身上の都合により」

といったような文言があればなおさらそうだと思います。

 

なかなか退職願を提出しない労働者も増加している

 

ネットでこのような情報も流布していて、最近では

「本当に自己都合退職なのに退職願を提出しない労働者も増加している」

と感じています。

しかも提出することで損も本当にないのに提出しない労働者もいて、人事労務担当としては困ることも多いでしょう。

あと最近ではICレコーダーに労働者に会話記録を録音されて、それが会社都合となるようなケースも出てきています。

 

会社に信用がないから

 

個人的には

「それまでの勤務において会社が信用されていないから」

ということが原因で退職願を提出してくれないようになっていると考えます。

誠意を見せて話し合いをしてもまだ提出してくれない場合、労使双方の約束事を書類にしてでも提出してもらうということも検討していきましょう。

また離職理由を白紙とした退職願でも良いので提出してもらったほうが無難ではあるでしょう。