依願退職と失業保険

 

まずこの意味をよく理解しておきましょう。

依願退職とは

 

  • 労使で合意して退職すること
  • 会社が退職届を受理しないといった場合には依願退職とならない

 

ということで一種の合意退職の1つといえます。

依願退職の形式として

「会社が依願退職を募り、それに労働者が応募する」

というものもありますが、基本的には合意退職です。

というのも労働者が退職に関して合意をしているからです。

そのため失業保険では自己都合となることが非常に多いと考えます。

詳しくは以下を参照。

合意退職では失業保険では会社都合になるか?

 

依願退職であることを証明できるか?

 

自己都合となると退職後の失業保険の受給に関しては労働者は

 

  • 給付日数
  • 待期期間(給付制限期間)

 

で不利となることとなります。

従って、一旦依願退職に応じても、失業保険の給付内容を知ったときに解雇ではないかと蒸し返されることも多々あります。

このような場合のために依願退職であることの証明できる書類を取っておくのが理想的な手続となります。

また最低でも依願退職についての議事録やICレコーダーの記録などはないと言った言わないの泥沼の論争となります。

 

依願退職は離職理由ではグレーゾーン

 

会社から退職を話しかけるという形式であるので、

合意退職では失業保険では会社都合になるか?

で記載したような退職勧奨とともに、労働者は誤解しやすいものとなっています。

多くの場合、「会社都合」であると考えがちですが、実情はそうでもありません。

上記のページでも記載しましたように、

 

  • 失業保険では自己都合となること
  • なぜ依願退職とするのかの説明

 

といった趣旨の説明をしっかりとしておきましょう。

会社としても離職理由でハローワークという行政を挟んでのトラブルはあまり好ましくないと思います。