合意退職と失業保険

 

退職勧奨というものがあります。

これは

「会社からの労働者に対する退職の働きかけ」

です。

理由としては

 

  • 勤務態度が悪い
  • 出勤の態様が良くない成績が良くない
  • その他勤務継続ができないような事情がある

 

といったケースごとに理由はあると思います。

この退職勧奨では失業保険の離職理由は大変に微妙となります。

よく労使間でトラブルとなるので特に注意が必要です。

この退職勧奨の時点ではまだ会社都合か自己都合かはグレーです。

要は

「労働者本人がこの退職勧奨に合意をしたのかどうか?

ということは判断のポイントとなってくるということです。

当然ですが

 

  • 合意すれば自己都合となりえる
  • 合意しなければ会社都合の解雇をせざるを得ない

 

となります。

 

合意があったのかどうかは非常に揉めやすい

 

「はい」

とうなずいただけで安心するのは早いです。

離職理由で非常にもめやすい時代となってきています。

証拠もなくとても安心はできません。

合意をしているのであれば、

「退職勧奨に基づいて合意をしたこと」

についての合意書を取らなければいけません。

これがないとハローワークを挟んで労使で離職理由について揉めることとなりかねません。

違法性の多い退職勧告にはご注意

 

労働者からの見解

 

逆に

「退職勧奨であれば会社都合」

というように労働者からすれば非常に考えやすいとはいえます。

たとえ合意書もとっていてもトラブルとなりやすいケースといえます。

この点、合意退職とするときにはよく説明しておかなければいけません。

最近ではネット情報もあり、

「退職勧奨に合意をすれば自己都合となり不利」

と熟知している労働者も多いです。

また実際には解雇ではないものの、「会社都合である」とトラブルをふっかけられることもあります。

失業保険の離職理由はグレーなケースも非常に多いので、よく労使間で意思疎通しなければいけません。