再雇用の途中退職

 

2012年の高年齢者雇用安定法の改正によって

 

  • 60歳を定年とする
  • 65歳までは希望者については全員を再雇用契約をする

 

ということが義務となりました。

この60歳定年についての失業保険も受給できますが、これについては別の記事で紹介しました。

定年退職でも失業保険は受給できる

この場合は、定年後に働く意思があれば「会社都合」による失業保険の受給が可能となりますので、通常の退職よりも失業保険の受給では待期期間がない、また受給期間が長いといった点で有利となりました。

しかしこの定年の時点で受給をせずに、そのまま65歳で再雇用契約をしていくということも多いですが、例えば

 

  • 65歳までの再雇用契約の更新時に満了として更新をしないとき
  • また再雇用契約の途中に退職するとき

 

このようなケースでは失業保険の受給はどのようになるのかについて疑問が残ります。

 

再雇用契約での離職理由はどのようになるか?

 

社会保険の場合、定年前と再雇用後で賃金が大きく異なることが多いので、

 

  • 一旦、資格喪失をする
  • 同日に資格取得をする

 

ということですぐに再雇用後の低い賃金での社会保険料とすることができました。

再雇用での社会保険の手続

定年後再雇用者の社会保険の同日得喪について

しかし雇用保険(失業保険)ではこのような制度がなく、再雇用では定年前からそのまま資格を継続することになります。

そして再雇用契約満了であっても、その契約期間の途中であっても退職となるとそのときに資格喪失届を行うこととなります。

再雇用契約ではある種の有期雇用であるので契約社員と同じような扱いとなります。

この場合、更新されないとなっても必ず会社都合とはならないということもあります。

詳しくは以下を参照してください。

契約期間満了での失業保険の離職理由は?

しかし会社都合とはならなくても、特定理由離職者というものもあり、こちらには該当することも多いと思います。

これに該当すれば基本的には会社都合と同じ金額の失業保険を受給できますので、特に違いもないので労働者としては不利さもないと思います。

 

離職理由についてのトラブル

 

このような離職理由についてのトラブルは増加傾向にあります。

いろいろなケースでのトラブルがありますが、基本的に会社都合にするしないのトラブルです。

専門的な内容も非常に多く、会社も労働者もよくわからないままトラブルとなっていることも多いですが、当所も含めた社会保険労務士さんなどに相談されることをおすすめします。