失業保険での会社都合のデメリット

 

これも非常によく聞かれる質問です。

雇用保険に加入していると離職票を会社は発行します。

それを持って退職労働者はハローワークで手続することで失業保険の給付を受けることができます。

この離職票の離職理由には

 

  • 会社都合
  • 自己都合

 

などといった記載内容があります。

退職労働者からすると会社都合のほうが

 

  • 給付制限期間がない
  • 受給期間が長くなることもある

 

といった点で有利です。

しかし逆に会社からすれば、「会社都合」(要するに解雇など)とすればハローワークをはじめとした行政からペナルティーがあるのではないかと不安になることもあります。

この点、都市伝説のようにいろいろな説がありますが、今までの実務経験から紹介していきます。

 

助成金の受給要件に抵触する

 

一番困ることとして

「助成金の受給ができなくなる」

ということではないでしょうか?

特に歪な経営になるまで助成金を前提とした経営をしている場合、これは死活問題となることもあります。

すべての助成金に該当するわけではないですが、助成金の受給要件には

「過去6か月に解雇をしていないこと」

といったものがあります。

会社都合とすればこれに抵触することもあるわけです。

ただ助成金に頼った経営は異常であるので、普通に経営されている会社の場合にはどうでも良いことかもしれません。

 

会社都合で慰謝料請求を受ける?

 

まれに聞かれるのが

「会社都合(解雇)で労働者がうつ病になれば、その民事賠償責任は会社に発生しますか?」

ということです。

しかしこれも非常にレアケースと考えます。

通常はこのようなことはなく、まともな方はこのような請求をしてくるとは思えません。

また解雇とうつ病との因果関係を証明するのも非常に困難ではないでしょうか?