失業保険はもらわないと損?

 

退職すれば

 

  • ハローワークで手続し、再就職活動をすれば失業保険がもらえる
  • 少し転職時期をゆっくりとしてすべての失業保険を受給する

 

という考えを持つ方もいます。

一方で、失業保険の受給は一旦頭に置かず、できるだけ早い時期に転職したいという方もいます。

早い時期に転職をしてしまえば失業保険という観点では損をしているともいえるかもしれません。

しかしそうとも言い切れないところはあると思います。

今回のどちらが損かについて少しまとめていこうと思います。

 

転職での空き期間は少ないほうが良い

 

失業すればブランクができてきます。

詳しい方には常識かもしれませんが、あまりこの失業状態の期間が長いと余計に転職しにくくなります。

理由としては

「次の転職先の面接などで評価が下がりやすいから」

ということがあります。

ですので、この評価次第ではすぐに転職したほうが良いということがいえます。

 

失業保険の通算

 

受給要件というものがあります。

失業保険の受給資格を得ているかどうか判断する

これについては上記のページでも紹介しましたが、要するに

「離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12か月以上あること」

ということです。

この「通算」という言葉に注目します。

これは、「複数の会社ででも良いので、2年で12か月の雇用保険加入期間を満たせば良い」

ということです。

従って、

 

  • A会社を退職した
  • ほとんど間を置かずにB社に再就職した
  • そのため失業保険は受けていない

 

といった場合、A社についての雇用保険加入期間については失業保険を受給していません。

そのため仮にB社で2年以内などに割合早期に退職した場合、A社の勤務歴も失業保険の受給要件を満たせるかどうかで使用することもできるとなります。

 

失業保険は有期支給

 

個人的には

「失業保険の受給ありきではなく、できるだけ早い時期に再就職したほうが良い」

と考えます。

所詮、失業保険は有期での支給であって、永久に受給できるものではありません。

極端な場合、この失業保険の受給期間を待っていて、理想的な求職先が出てきても「年齢要件に合致しなくなり、就職することが困難になった」ということもあります。

そのためできるだけ若くに、良い会社に就職して一生を安定させるほうが良いだろうと考えます。