失業保険の認定日

 

退職し、離職票を持ってハローワークに行きます。

しかし一定の要件を満たしていないと失業保険を受給していくことはできません。

その要件の1つに

「失業の状態にあること」

というものがあります。

つまりこの失業状態にあることを認定してもらうことで失業保険が受給できるようになるということです。

 

認定日の決定

 

これは

「最初にハローワークに出頭した日から起算して4週間に1回づつ直前の28日の各日について」

認定が行われます。

つまり最初に出頭した日で自動的にその後の認定日が決まってくるということです。

認定日を変更できなくもないですが(このページの下記を参照)、なかなか変更は認められません。

ですので、最初の出頭日はよく考えて決定しなければいけません。

 

初回の認定日

 

このときには窓口で

 

  • 雇用保険受給資格者証
  • 失業認定申告書

 

を提出することで行います。

しかし窓口に座ってあまり時間はかかりません。

すぐに記載内容に問題がなければ認定は終わります。

最後に次回の失業認定申告書を渡されます。

次回までに求職活動が3回など必要な就職活動をすることで、次回の認定日も要件を満たし失業保険が受給できるようになります。

 

失業の認定日を変更できるか?

 

変更できる理由としては

 

  • 就職する場合(ハローワークの紹介によらないものでも可)
  • 会社の面接を受ける場合(ハローワークの紹介によらないものに限る)
  • 国家試験や検定試験を受験する場合
  • 選挙権の行使をする場合
  • 本人が結婚をする場合(新婚旅行も含む)
  • 親族の看護、危篤、死亡、葬儀、法事の場合
  • 本人の病気や怪我の場合(ただし14日以内に治癒した場合に限る)

 

といったものしか認められません。

また認定日に出頭しなかったことについて上記の理由であることを証明する書類がなければいけません。

そのため嘘をついて「怪我でした」といっても診断書がなければ変更はできないことになります。

変更については事前にハローワークに連絡をする必要があります。

もし事前ということができなかった場合にも、その後できるだけ早くに(少なくても次回の認定日の前には)出頭しなければいけないとなっています。