契約社員と試用期間

 

契約社員でも入社時から試用期間を設定しているという会社も多いかと思います。

入社してみて合わないなどということで試用期間中に退職するということはよくありますが、契約社員の場合に正社員とは違って特殊なことがあるのかについて説明をします。

変な法的リスクを負わずに円満退職するのがベストだといえます。

 

契約社員で試用期間中でもいつでも辞めることができる?

 

試用期間といっても特に本採用後の退職手続きと変わりはありません。

もともと契約社員をはじめとして労働者には退職の権利が強く法的に定められているので

 

  • 企業の就業規則の退職規定を確認する
  • 企業にその規定に沿って退職を申し出る

 

というのが一番無難な辞め方となります。

よくあるのが30日前に退職を申し出るなどといったような規定かと思いますが、その内容に沿えば特に問題はありません。

ちなみに本採用後でもこの手続きで特に支障はないはずです。

契約社員は依願退職をいつでもできるのか?

 

辞めることを伝え明日から来なくて良いと言われることもある?

 

上記の方法での辞め方を合意退職などといいます。

要するに労使間で退職時期を合意して辞めるということですが、

 

  • 就業規則に沿って30日後の退職を申し出る
  • まだ戦力でないので明日から来なくても良いと言われる

 

といったこともあります。

倫理的に見れば辞めることを伝えているのは契約社員側ですから企業の意向に沿って辞めるのも1つの形です。

しかし

 

  • 就業規則の規定通りに辞めることも可能
  • 明日ではないものの規定よりも早く、または遅く辞めることも可能

 

です。

つまりこのケースのように双方の退職日の意思がずれてしまった場合には、まず双方で話し合いの元で合意することが前提ということです。

ただたとえば30日後に辞めると伝えたにもかかわらずどうしても企業が期日を早くするように主張してくるという場合には、法的には解雇に該当する場合もあります。

 

  • 失業保険の離職票の離職理由を会社都合にする
  • 企業は自己都合としたい

 

とトラブルになりやすいケースに該当し、失業保険を会社都合にしたい場合には

 

  • 会社都合であることを企業に伝え会社都合にしてもらう
  • 無理そうならば退職期日を早めるように伝える企業側の会話を録音しておく

 

といったことは必要となってきます。

最終的に企業がハローワークに事実と相違する点があれば、契約社員のほうから証拠を示すことでハローワークの職権で会社都合としてもらうことも可能となります。

その証拠を残すことが必要といえます。

ただ常識に見て、辞めると言いだしたのは自分なのでそこまでできない、したくないという場合もあるかと思いますが、それもまた倫理的には正解かもしれません。

 

契約社員は14日後に辞めることが可能?

 

民法第627条第1項には申し出から14日後に退職できると定めがあります。

しかしこの規定は契約期間の定めのない場合に適用となり、通常契約期間を有期で規定することの多い契約社員には適用となりません。

そのため上記で説明した合意退職に沿って就業規則の規定に沿う退職が一番無難といえます。

それでもできるだけ早く退職したいという場合もありますが、その場合には体調の悪化など妥当な理由があれば企業に伝え、それによって企業に早く退職を認めてもらうということが必要になります。