契約社員と期間1ヶ月

 

契約社員として勤務してみたもののどうしても合わずに退職をすぐにしなければいけないという場合はあります。

たとえば入社して1ヶ月で退職となったときによくある疑問点についてまとめて解説をしたいと思います。

 

そもそも契約社員を1ヶ月で退職できるのか?

 

契約社員は最初から有期の労働契約を締結するわけですが、民法第627条1項など法律で退職時期についての定めはありますが、契約社員はこの1項を適用とされません。

つまりその企業の就業規則の退職の申し出の時期などの規定に沿って退職するのが無難な方法となります。

まとめれば

 

  • 就業規則の退職規定の期日に沿う
  • 企業が同意すればそれよりも前に退職できる

 

となります。

理想的には2つめの流れになり、たとえば1週間後に退職できるようにしてもらうということです。

もちろん合意してもらえれば翌日から退職できるという場合もあります。

契約社員として退職を申し出ていて、通常はモチベーションがそれ以前よりも下がるはずです。

そのため企業も半端な気持ちで在職されても困るということで早期退職に応じてくれる場合も多いのではないでしょうか?

繰り返しますが、労使間で就業規則の退職規定を基準とし、あとはそのタイミングでの退職で合意できるのかということが結論となります。

契約期間の途中ではありますが、企業側の就業規則、あるいは会社の同意があればいつでも退職はできますし、また損害賠償等もないということになります。

 

契約社員を1ヶ月で退職したときの履歴書

 

退職した後に次の転職先に

 

  • 履歴書
  • 職務経歴書

 

を作成して提出となりますが、このときに1ヶ月で退職した事実があれば不利なこととなります。

そのためできれば隠したいということになりますが、

 

  • 雇用保険、社会保険にすでに加入している
  • まだ1ヶ月なので加入していない

 

とパターンが分かれます。

結論からいいますと1つめの場合には雇用保険番号などから経歴詐称がばれる可能性もあるということになります。

雇用保険番号から職歴詐称はバレてしまうのか?

2つめは履歴書などで自己申告をしなければばれる可能性はかなり低いといえます。

ただしこの場合も発覚をすれば経歴詐称ではあるので懲戒処分や解雇の可能性もあります。

1つめでは

 

  • 前職の会社名
  • 前職の退職年月日

 

といった雇用保険被保険者証の情報と履歴書などの情報が違うということで発覚する可能性が高いと思います。

いちいち履歴書と雇用保険の書類とを照合していなければそれでもわからないところもありますが、人事労務の管理体制次第ともいえます。

雇用保険番号も前職のものを使用しなければ良さそうなものですが、コンプライアンス上その方法をここで説明するのは問題がありそうなので紹介はしません。

ただ頭が回る方だと雇用保険などにすでに加入していても、転職先にわからないようにすることはできなくはないと思います。