契約社員の期間満了と退職願

 

契約社員として勤務をしてきて期間満了という形で退職をする場合があります。

この場合、退職届を提出するべきかどうかについて迷う場合があります。

また企業としては退職届の提出をかなり強硬に求めてくる場合もありますが、このときに提出を促されて損をするのではないかと疑義を持つことになります。

今回は契約社員の期間満了における退職届の提出について説明をします。

 

退職届と退職願とは法的意味は違うのか?

 

退職というのはいくつかに分類できますが、

 

  • 合意退職 会社の就業規則の規定に沿って退職すること
  • 辞職   契約社員から退職期日を指定して退職すること

 

合意退職と辞職

法的には退職届は辞職で使用し、退職願は合意退職で使用します。

契約社員の場合には合意退職が多いので、退職願で良いのではないかと思います。

契約社員は依願退職をいつでもできるのか?

 

契約社員と退職願の書き方による失業保険の不利さ

 

期間満了での退職となれば失業保険の受給を検討する人は多いのではないでしょうか?

このときに離職理由によって会社都合、自己都合とに分かれ、それぞれ失業保険の受給の早さや金額に影響してくるということになります。

従って企業として会社都合になることを恐れたり、嫌がるところもあるわけで、自己都合による退職を証明する退職願を提出させることもあります。

 

契約期間満了で会社都合となるケース

  • 期間の定めのある労働契約の更新により3年以上雇用されていて当該労働契約が更新されないことで離職した者
  • 期間の定めのある労働契約の締結に際し当該労働契約が更新されることが明示された場合で、更新されないこととなったことで離職した者

 

これが契約社員の場合に会社都合になる条件といえますが、期間満了で退職というときに自分の意思で契約更新をしないというようなニュアンスかどうかということは退職願では重要なことといえます。

たとえば更新が急になくなったような場合でも一身上の都合で退職というような書き方でなく、会社都合による退職と書くべきといえるでしょう。

(もちろん真正に一身上の都合による退職では事実を記載するべきです)

 

  • 会社からの更新がなく期間満了による退職
  • 口頭でもらっていた更新がなくなったので期間満了による退職

 

などと事実に沿った記載をするべきといえるでしょう。

ちなみに悪質な企業だと自己都合のような記載内容にしなさいと指導してくる場合もありえますが、これは会社都合にしたくないというところが本音です。

たとえ強迫によって自己都合風に書かされたとしてもハローワークにその退職願を証拠として企業に提示された場合には契約社員には不利となります。

もし会社都合になるかどうか自信がなければそのまま退職願を提出せずに退職するのも1つの方法となります。

特に法的には退職願を絶対に提出しなければいけないともいえないのです。

 

社会保険労務士に退職願が必要と言われた

 

会社に顧問社労士がいれば退職願の提出が必須と契約社員に言ってくる場合もあります。

これは社会保険などの資格喪失で添付書類として使用するからというもっともな理由があるのですが、実際のところ退職願がなくても手続きは不可能ではありません。

その実、退職の撤回をされることを防いだり、不当解雇や不当な更新拒否をされたと主張されるのを防ぐ、また自己都合にするといった裏の狙いも含まれている場合もあります。

個人的には自己都合になることを疑える場合には必須といわれても退職願を提出しないというのも1つの方法と私は考えます。

 

契約社員の期間満了と退職手続き まとめ

 

どちらにしても

 

  • 下手に会社からの自己都合風の書類に署名、印鑑を押すこと
  • 圧力や騙しに負けて自己都合的な退職願を書くこと

 

は損になると思います。

退職願も立派な証拠書類となるので真実ではない記載内容だと提出はしないというような方針のほうが契約社員としては正しいと思います。