契約社員と5年満期

 

契約社員をはじめ、有期労働契約であるパートタイマー全般にいえることですが

「5年満期」

というような話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

もし仮に満期となればそれ以上契約更新がないとか、退職しなければいけないというように予想してしまうのですが、5年満期説の出所とその真偽について今回は解説をしたいと思います。

 

契約社員の5年満期説はどこから?

 

確実ではありませんが、労働契約法の有期労働契約の5年を超える反復更新による無期化から来ていると思います。

契約社員は5年で無期雇用?正社員?

この無期化による法律的な説明は上記のページで行っていますが、誤解をしている人も非常に多いので注意してください。

正社員化ではなく、あくまでも無期化です。

従って契約更新がなくなるというだけであり、賃金や給与その他の労働条件は有期労働契約時代の契約社員と何1つ変わらなくても違法でないということです。

 

5年無期化でなぜ契約社員は5年満期になる?

 

5年を超えて無期化すれば

 

  • 正社員とほぼ変わらない解雇事由を必要とする
  • 期間満了で更新なしとできなくなる

 

ということで格段に退職をさせにくくなるということです。

5年を超えて無期化しても給与などのアップはしなくても良いとしても、退職させにくくなるので5年で満期といいますが、そのまま更新をせずに無期化する前に退職させるという企業の思惑から来ていると考えています。

 

契約社員は5年を超えて働けるのか?

 

上記のように法律的にいえば5年を超えて働くことは可能となります。

 

  • 5年で会社に必要と思ってもらう
  • 5年を超えることで無期化する
  • その後は有期時代と同条件としても無期化契約の元で勤務する

 

となります。

重要なことは企業として5年無期化後も残ってほしいと思ってもらえるかどうかとなります。

 

5年満期の契約社員は自分のタイミングで退職できるのか?

 

満期といわれれば、それまでは退職する権利もなさそうに思えますが、労働者には強い退職の権利があるので安心して良いです。

まずその企業の

 

  • 就業規則
  • 労働契約書

 

を確認し、退職の申出の時期を確認しましょう。

通常は30日前などとなっているかと思いますが、その期日に申出をすれば退職はできます。

次の契約更新まで待たないと退職できないといったことはありません。

契約社員は依願退職をいつでもできるのか?

ただ企業によっては3ヶ月前の申出などと非常識な規定になっている場合もあります。

この場合は企業と話し合いをして退職時期を早めてもらうなどといった措置が必要となります。

 

求人に5年満期と明記されているものへの考え方

 

求人によっては最初から5年満期と明記されているものもあります。

求人募集では企業はさまざまな約束といいますか、労働条件の記載をします。

もちろん法的にもその求人への記載内容は効力を発揮することもありますので、5年満期と表記された求人は5年で更新なしとなっても争う余地はよりなくなるとなります。

通常5年満期などと記載すれば求人募集の反応率は下がるわけですが、それを押してなお5年満期と表記するにはそれだけ満期で更新なしとする意思が強いと考えるのが自然といえます。