契約社員の給付制限

 

失業保険では給付制限(一般的には待期期間ともいわれます)という制度があります。

退職して失業保険の受給が開始されるまでかかる期間のことですが、契約社員の期間満了、契約満了という場合にこの失業保険の給付制限期間がどのようになるのかについて解説をします。

 

契約満了で更新なしと会社から言われた場合の給付制限

 

契約社員の契約期間満了時に企業のほうから更新がないことを通知される場合があります。

このときには離職理由は会社都合となりますので給付制限期間がつきません。

 

契約社員の期間満了で自分から退職する場合の給付制限

 

期間満了でも企業から更新がないといわれるのでなく、自分から期間満了時に退職をするという場合も多いかと思います。

この場合には

 

  • 1度でも契約更新をしたことがある
  • 今の会社に3年未満しか勤務していない

 

この2つの条件を満たせば自己都合とはなりますが、給付制限期間はつかないことになります。

この条件はややややこしいのですが、3年ぎりぎりの通算契約期間となっていれば失業保険に関していえば3年になる一回前の期間満了で退職したほうが有利となるということです。

 

契約社員で期間途中に退職した場合の給付制限

 

今回は期間満了を中心に記載していますが、契約期間の途中に退職する場合もあるかと思います。

この場合にはシンプルに自己都合となり、給付制限もつくとなります。

契約社員として期間途中で退職するのが失業保険の受給という点では最も損をすることがわかります。

 

失業保険の待期期間と給付制限期間

 

では具体的にいつから受給できるのかについて説明をします。

通常失業保険には

 

  • 待期期間   ハローワークに行ってから7日間
  • 給付制限期間 その後1~3ヶ月

 

という待期期間と一般にいわれる受給できない期間があります。

上記で契約社員の退職の形によって会社都合となる場合を説明しましたが、会社都合の場合には待期期間の7日だけクリアすれば受給が開始されます。

しかし自己都合、あるいは給付制限ありとなる場合ではそこからさらに1~3ヶ月の給付制限といって受給できない期間が続きます。

(1~3ヶ月の間のどの程度の期間になるかはハローワークが判断をします)

会社都合か自己都合か、または給油制限がつくのかどうかで受給がいつからになるのかのタイミングがかなり違うことがわかります。

 

契約社員の期間満了と自己都合と会社都合との境界

 

上記のように期間満了といっても

 

  • 企業からの更新打ち切り 会社都合
  • 自分からの退職の申出  自己都合

 

と離職理由が変わってきます。

この2つでは上記のように待機、給付制限期間では違いはありませんが、受給日数の長さが変わることで受給額が違ってくることになります。

当然会社都合のほうが有利なわけですが、離職票には会社から虚偽記載をされて会社都合なので自己都合とされてしまう場合もなくはありません。

この点、会社としては会社都合にしたくないという気持ちが働きやすいわけですが、おかしいと思った場合にはすぐにハローワークに相談するべきといえます。

それとともに

 

  • 会社からの更新なしの通知文書
  • 更新なしの電話、会話

 

などはICレコーダーの記録などとともに記録しておくようにしましょう。

この証拠を持ちハローワークを挟み会社と離職理由について争うことで離職理由を会社都合に変更することができます。

証拠がなければ嘘でも自己都合のままとなる場合も多いので、とにかく証拠を集めるようにしてから退職するのがベストといえます。