契約社員で更新しない

 

契約社員というのは有期労働契約となっているはずです。

そのため契約期間満了となるたびに

 

  • 契約更新して継続勤務する
  • 更新せずに退職する

 

という自由が契約社員にはあります。

ただ失業保険といって退職後の保険給付で有利になるように退職したいというのが自然な考えですので、会社都合等で有利に失業保険を受けられる契約社員の更新しないというパターンについて解説をしたいと思います。

 

契約社員の退職理由

 

契約満了という場合には満了ですのでもともと退職理由を伝える必要もありません。

退職するとだけ伝えても法的には問題ないといえます。

ただし会社によっては

 

  • 人手が足りない次の担当者を確保するまで時間がかかる

 

というような場合もあり、契約期間満了を延長してほしいといってくる場合もあるかもしれません。

その場合も特に応じる義務もないので、期間満了で退職するとすれば良いでしょう。

本来契約社員として有期で雇用の調整弁として企業は利用してきたわけで、会社に恩義を感じる必要もないといえます。

この手の契約社員の期間満了後の延長勤務は、契約社員であるあなたの自由意思によります。

契約社員が合意をすれば延長することもできますが、事情があり延長できない場合には企業に延長勤務で拘束する権限はありません。

 

契約社員の期間満了と失業保険

 

まず失業保険で会社都合となれば

 

  • 失業保険の受給タイミングが早くなる
  • 受給期間も長くなる

 

ということで転職活動などがかなり有利になりますが、今回のケースでは難しいといえます。

 

契約期間満了で会社都合となるケース

  • 期間の定めのある労働契約の更新により3年以上雇用されていて当該労働契約が更新されないことで離職した者
  • 期間の定めのある労働契約の締結に際し当該労働契約が更新されることが明示された場合で、更新されないこととなったことで離職した者

 

これが失業保険の会社都合になる条件ですが、ニュアンスを読んでもらうとわかりますように企業側から契約更新しないというようにならないといけません。

そのため今回のケースでは自己都合となることがまず多いといえます。

ただし以下のような場合もあるかと思います。

 

  • 契約更新しないことを事前に伝えた
  • それなら本日付けで退職届を提出しやめてほしい

 

などということで、感情的になったのか申し出た日付よりも前に企業側から退職日を指定してくる場合です。

この場合には企業側から解雇したともとれなくないので、会社都合となりえるといえます。

契約期間満了での失業保険の離職理由は?

 

ハローワーク担当者次第で変わる自己都合、会社都合

 

ネット上でも契約満了での会社都合、自己都合というのは情報が錯そうしています。

契約満了でも

 

  • 会社都合になった
  • 自己都合になった

 

と回答は分かれるのですが、これは離職票の解釈を現場のハローワークで間違えているケースもあるといえます。

たとえば自己都合気味に退職しても契約期間満了により退職となり、その理由を窓口で聞かれます。

そのときに「希望していたが更新されませんでしたか?」などと質問されて「はい」と回答したりすることで会社都合になり、待機期間がなくなるというような流れにあります。

通常このようなことは起こりにくいのですが、失業保険の離職理由の記載があいまいになっているとこのようなことも起こるということです。

また通算の契約期間の長さにもよります。

 

  • 通算契約期間が3年未満 給付制限期間はない(待期期間はない)
  • 通算契約期間が3年以上 自己都合だと待機期間がつく

 

ということで契約社員などとして通算でどの程度の長さの契約期間を反復して更新してきたかにもよります。