パートと派遣の違い

 

働く上ではそこまで違いは出てこないかもしれません。

両者の一番の違いとは

「雇用主が勤務先なのか派遣会社なのか?」

というところにあります。

パートの場合、

 

  • 勤務先
  • 雇用主
  • 指揮命令を行う会社
  • 労災・雇用保険・社会保険の加入するところ

 

これらはすべてその勤務先の会社となります。

しかし派遣の場合には、

 

派遣会社

  • 雇用主
  • 労災・雇用保険・社会保険の加入するところ

 

派遣先

  • 勤務先
  • 指揮命令をするところ

 

ということで雇用主と勤務するところが別々になっているということになります。

派遣とは?

 

パートと派遣の時給の高低

 

一概にはいえませんが、一般的には

「派遣のほうが高いことが多い」

と思います。

しかし都市部では最低賃金も年々アップしていっているので、少しづつ派遣とパートの時給の差は小さくなっているといえます。

 

労働者からすれば特に違いは感じない

 

このように感じることは多いのではないでしょうか?

ただし派遣先によってはそこの雇用された労働者ではないので少し遠慮してしまうということもあるかもしれません。

しかし多くは長期的に勤務していると遠慮も次第になくなってくるのではないかと思います。

 

長期的に働くなら

 

冒頭に記載しましたように、派遣では雇用主と勤務先が別々になっています。

ですので派遣先の都合で急に派遣の仕事がなくなるといったこともあります。

パートや正社員でも同様のことがあり解雇というリスクもありますが、どちらかといえば

派遣 → 非正規労働者 → 正社員

の順番に解雇や退職の順番となります。

ですので安定感でいえばパートのほうが良いと思います。