パートと派遣の掛け持ち

 

さまざまな事情でこのようなことが発覚することもあります。

このような場合にどう対応するべきかについて紹介します。

そのパートさんにも事情があると思います。

 

  • シフトが減ったので掛け持ちしないと生活的に問題があった
  • 会社もパートのシフトを増やせなかった

 

会社は就業規則でひょっとすれば「兼業の禁止」を規定しているかもしれません。

たしかに正社員で給与も生活的に十分であれば懲戒処分の対象とできるかもしれませんが、パートタイマーでこの規定をしていたとしても処分や掛け持ちを禁止することができるかというと疑問は大いに残るのではないでしょうか?

そのため話し合いをして

 

  • 掛け持ちをやめる
  • 派遣と日程をうまく調整して掛け持ちができるのか?

 

といったことを決定しなければいけないでしょう。

パートとしても所定労働日などが契約されていると思いますが、特にその契約した日数を勤務できないとなるとやはり掛け持ちには無理も出てくるので

 

  • パートとしては退職する
  • 派遣のほうを退職する

 

といった対応をしてもらわないといけません。

 

掛け持ちが会社にばれるとき

 

これについてはどの時点で発覚するかですが、多くは

「年末調整の時点でばれる」

といえます。

通常、パートであっても年末調整をしています。

このときに掛け持ちしているので収入が増えるので、税額が明らかに前年と比較して増えているということを確認したときに会社としては疑うとなります。

パート先で年末調整をしていても、副業の派遣のほうでも年収20万以上となると確定申告を本人が行わないといけません。

もし本業と副業の両方を自分で確定申告し、年末調整をしないとなるとばれないといえます。

 

掛け持ちを事前に相談してもらったほうが

 

ばれるばれないのややこしい話もありますが、パートの掛け持ちを会社は禁止するのは職業選択の自由からもグレーであると記載しました。

ですので基本的には認めないといけないと思いますが、事前に相談してもらったほうが良いと思います。

年末調整のときに何となく気づけば、話し合いをしても良いと思います。

会社としても不意に有給休暇を取得されたり、欠勤されるのも好ましくはないので「パートの掛け持ちは禁止ではない」という方針で話し合うのが良いと思います。