紹介予定派遣で派遣先と雇用契約を締結

 

特に労働者サイドからの照会が多いのでまとめておきます。

紹介予定派遣とは

 

  • 派遣という名前の試用期間のようなもの
  • 問題なしとなると派遣先に直接雇用される

 

といった流れとなります。

詳しくは以下を参照。

紹介予定派遣とは?

しかしこの後にすぐに派遣先を退職してしまうということがあります。

派遣先とするとすぐに退職されると当てが外れるということで、裏切られたような気持ちになることもあります。

問題となるのは、すぐに退職することで

 

  • 派遣先と派遣元とで返金についての契約をしている
  • 派遣元と労働者が退職時期が早い場合に一定の返金契約をしている

 

ということについてです。

たしかに労働者からすると派遣先に雇用されたのは、紹介予定派遣のおかげではありますが、その後に退職するのは自由ではないのか?といった気持ちなります。

次にもっと良い転職先が見つかったといった場合には、労働者にも将来があるので派遣元との契約は知ったことではないと思うこともあるでしょう。

 

まずは契約を確認する

 

派遣先に直接雇用となった段階で

 

  • 派遣元との労働契約書
  • 元の派遣元との契約

 

があると思います。

まずはこの契約内容をチェックしなければいけません。

よくあるのが

 

  • 派遣先に直接雇用となり3か月以内に退職した場合に違約金の規定が含まれている
  • 3か月といった期間はおおむね1年以内の間で会社によって長短して規定している

 

といったことです。

今回のケースで一番重要な規定ですのでよく確認を行います。

もしこのような規定がないなら労働者としては違約金などを支払うような返金の義務もないといえるでしょう。

 

労働局に相談する

 

ただ個人的にこのような紹介予定派遣で直接雇用となった後にすぐに退職したからといって、どこまで返金させるかについての規定がすべて適法ではないといえます。

判例もあるかどうかは難しいところではありますが、トラブルを避けたいといった場合には

 

  • 労働局に相談する
  • 契約期間は派遣先で勤める

 

といったことが無難ではないかと思います。