派遣労働者の休憩

 

休憩について整理しておきましょう。

基本的には正社員などと同様に労働基準法が適用されます。

つまり

 

  • 8時間超の労働時間では1時間以上の休憩
  • 6時間超の労働時間では45分以上の休憩

 

を勤務途中に与えなければいけません。

詳しくは以下を参照。

6時間勤務での休憩時間

派遣労働者の場合、実際の勤務関係については派遣元ではなく派遣先が管理することとなります。

 

労働基準法の休憩の適用

 

この規定については派遣先が適用となります。

つまり就業規則で休憩を派遣元・派遣先それぞれで規定していると思います。

どちらの規定が適用となるかについて派遣先の規定が適用となるということになります。

そのため

 

  • 休憩が適切にとれているのか?
  • 休憩をどの程度取ったか?

 

についてなどは派遣先が管理することとなります。

もし休憩がとれていないということで罰則の適用が開始されるとなれば、派遣先も責任が追及されますので注意が必要となります。

 

休憩がとれないと労働時間となる

 

派遣労働者は時給制ということが多いでしょう。

もし休憩がとれていないのに、休憩を取ったように勤務表等に記載すればその分の給与は支給されないこととなります。

詳しくは以下を参照。

忙しくて休憩がとれない

このあたりの管理は法律通りに派遣先がしっかりと管理しなければいけません。

このような場合にとられる是正方法としては以下のようなものがあります。

 

  • ユニオンに加入される
  • 労働基準監督署に通報される
  • 派遣元が退職後に残業代請求を受ける
  • 実際に休憩が取れなかった日の無給での休憩時間をシステム手帳などに記録されている

 

派遣労働者の場合、特に派遣先・元に思い入れもないので簡単に行動されてしまう傾向があります。

社内的に隠せると考えるのはやめたほうが良い時代といえます。