派遣社員に1日で辞められた

 

採用をしたものの1日で退職されるということはよくあるものです。

労働者には退職の自由はありますが、さすがに1日でとなると会社も困ってしまいます。

派遣社員の場合、雇用契約を締結することで契約期間を規定していると思います。

また派遣元の就業規則に「○日前までに退職の申出をしなければいけない」という規定もあると思います。

基本的にはこれらを遵守して退職時期を労使で合意することとなります。

つまり

 

  • 雇用契約期間の満了
  • 就業規則の規定

 

のどちらか早い時期に達するほうの時期に退職するとなります。

しかしすぐに退職したいという場合には、このような長大な期間まで退職を待てないということはよくあるものです。

あくまでも会社の規定に沿った時期まで勤務してもらうということも1つの方法ですが、やる気もない派遣社員に継続して勤務してもらうにも問題もあります。

 

  • 派遣先から信用を失ってしまうこともある
  • 仕事上のミスも多くなる

 

さすがに1日で退職ということを認めるかどうかは別にして、2週間などで退職を早めに認めるということは必要なケースもあると思います。

 

1日で退職の場合の給料は?

 

さて早めに退職を認めた場合の給与ですが、この場合には

「勤務した部分の給与の支給義務はある」

となります。

支給は当然、派遣元に責任があります。

このあたりは以下のページにも記載していますが、すぐに退職した場合のパートタイマーと同じ考え方になります。

パートにすぐ辞めるといわれたときの給与を払わないと

 

行政の介入もあるか?

 

この問題でよくあることとして、会社が感情的になったりして働いた部分の給与を支給しないということです。

この場合、派遣社員に限らずに行政に通報するということはよくあることです。

通常の直接雇用者の場合には労働基準監督署に通報されて調査や来署依頼を受けるということになります。

派遣社員の場合には、

 

  • 労働基準監督署
  • 都道府県労働局

 

に通報をされるということが多いと思います。

たしかに数日で退職されると感情的になることもわからないではないですが、支給しないと未払い賃金の扱いとなります。

しっかりと支給していくようにしましょう。