派遣社員に賞与はあるか?

 

そもそも賞与というのは

 

  • 正社員
  • 非正規雇用

 

といった直接雇用の場合も含めて、労働基準法などの法律で定めなれたものではありません。

派遣社員の場合、派遣元が基本的には賞与を支給します。

しかしその派遣元が派遣社員について賞与の制度を導入しているのか?というところが問題といえます。

つまり

 

  • 就業規則に賞与制度を規定すると支給しなければいけない
  • 規定をしていないと支給する義務もない

 

ということになります。

詳しくは以下を参照。

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

 

派遣先から賞与が支給される?

 

上記にも記載しましたように

「賞与は派遣元からの支給が原則」

となっています。

しかしまれに派遣先から派遣社員に賞与のようなものが支給されることもあります。

詳しくは以下を参照。

派遣先から派遣社員に賞与を支払うことにおける法的問題

このような場合としては

 

  • 派遣先が派遣社員にも利益が出たので賞与を支給することとなった
  • 派遣社員の勤務にも一定の理解をしている

 

といったようなことが考えられます。

この場合、派遣先の好意としてそのまま受け取るということも良いかもしれませんが、派遣元に連絡をしておいたほうが良いと思います。

というのも好意を見せてくれた派遣先に税務調査などが入ったときにその賞与の扱いで多少難しくなるからです。

 

派遣元からの賞与の実際

 

実際のところ派遣元からの賞与はないということも多いと思います。

ただし、

 

  • 派遣社員を確保できない職種・業種
  • 派遣先からのニーズが高い職種

 

といった派遣では派遣元から賞与を待遇として設定されていて、支給があるものもあります。

賞与があるかどうかの見極めとしては

 

  • 求人での賞与の記載
  • その派遣元のサイト等での賞与の記載
  • 就業規則や労働契約書での賞与の記載

 

このようなところでのチェックが必要となるでしょう。