臨時工とは

 

臨時工・臨時職員とは、多くの場合、1年以内の雇用期間を定めて臨時に雇用された従業員を指します。

しかし、1年で契約期間満了となり会社との関係は終了しますが、契約更新をすることもあります。

この契約更新が反復更新されている場合は、「雇止め」に対して法律上の制約が加えられるケースも出ます。

 

臨時工の雇用契約書での注意点

 

臨時工は、あくまでも臨時工として契約をしなければいけません。

契約の自動更新等を行っている等の杜撰な労務管理は契約解消時には法的リスクを抱えます。

最低限、契約更新を毎回しっかりと面談を行い、契約期間を規定した雇用契約書の締結とともに行うことが重要です。

雇用契約書で注意すべきポイントは以下のもの等です。

正社員とは義務・権利をしっかりと区別して規定しましょう。

あまりに義務を課すと、正社員と同等と判断されることもありますので、特に注意が必要です。

また以下の契約書の内容を臨時工就業規則として規定・届出するほうが無難かと思います。

 

  • 雇用契約書には契約期間を明確に規定する
  • 身元保証書の提出は求めない
  • 試用期間は規定しない
  • 退職金・賞与の支給はないと明確に規定する
  • 転勤・出向・転籍はしないことを規定する

 

その他注意点

 

その他、雇用契約書以外でも注意すべきことはあります。

日常の接し方でも、会社に一定の解雇権濫用法理の適用リスクが生じますので、注意が必要です。

 

  • 「長く働いて欲しい」等の長期雇用をほのめかすような期待を持たせる言動をしない
  • 採用手続(面接の回数等)は正社員よりも簡易にする