嘱託社員は非正規社員

 

嘱託社員になったという場合にあまり浸透していない契約形態なのでよくわからないという場合もあるかと思います。

今回は非正規社員と嘱託社員の違いはあるのかについて解説をしていきます。

 

非正規社員、非正社員とは?

 

非正規とは正社員ではないという意味になります。

法律上、契約形態とはまず2つに分けることができます。

 

  • 正社員  期間の定めのない契約
  • 非正社員 期間の定めのある契約(有期労働契約

 

パート、契約社員などは契約期間が有期となっていて、たとえば3ヶ月、6ヶ月などと期間を区切った契約期間で当事者間において契約締結をします。

逆に正社員という場合には、このような期間の区切りはなく、退職あるいは解雇がなければそのまま契約は継続していきます。

非正規とは契約期間の区切りがあり、その都度契約更新するかどうかを会社あるいは嘱託社員が決めるということになります。

もちろんそのときに雇止めもありえるので一般的には不安定ということがいえます。

 

非正規社員とは具体的に誰を指すのか?

 

現在の企業は社内的にいろいろな呼称を使用して契約形態を分類しています。

 

  • 契約社員
  • 準社員
  • パート
  • バイト
  • 嘱託社員

 

などが代表的ですが、法的にはこれらはすべて同じ扱いになります。

短時間労働者ということでパートタイム労働法に正社員よりも労働時間が短い者という定義をされています。

嘱託社員とパート、契約社員、バイトとの法的違い

契約社員など上記の契約形態ごとの労働条件の違いを企業は就業規則、労働契約書で行います。

上記の雇用形態すべては基本的に正社員でなく有期労働契約であり、この意味で非正規社員となります。

 

派遣社員や請負社員も非正規?

 

また

 

  • 派遣社員
  • 請負社員

 

という契約形態もありますが、これらは雇用主のところで労務提供を行いません。

派遣先で仕事を行いますので、派遣先と労働契約はないですが、派遣元と労働契約を締結しています。

通常派遣社員は派遣元でも正社員ではなく非正規社員になります。

請負社員も通常非正規という場合が多いのですが、一部正社員という場合もあるようです。

嘱託社員と派遣社員、請負、業務委託との法的違い

 

非正規の嘱託社員と生活の安定度

 

非正規というのは基本的に労働契約に期間制限があると解釈して良いと思います。

労働契約法が2012年に改正されて

 

  • 5年を超える契約更新
  • 本人が希望

 

というような条件を満たせば無期契約化しますが、それまでは雇止めのリスクもあると考えておくと良いでしょう。

解雇や雇止めは労働基準監督署の管轄外なので相談しても介入してくれるわけではありません。

結論としては非正規である嘱託社員としては会社がどの程度法律や契約を守る意識があるのかという企業の信用度を考えておくべきといえるでしょう。