再雇用者の賞与

 

正社員が60歳の定年となれば

 

  • 再雇用契約をする
  • 定年を65歳などとする

 

といったような対策を会社はとらなければいけません。

このうち再雇用をする会社のほうが圧倒的に多いと思いますが、まれに

「もともと正社員として定年前には賞与があったので、再雇用においても賞与を支給されるべきだ。」

といったような主張をされることもあります。

この点について法的観点から紹介していきます。

 

賞与については法律上支給義務はない

 

以前に以下の記事でも紹介しましたように

賞与の支払い義務はない

法律上は会社に賞与を支給する義務はないとなっています。

また以下の記事で紹介しましたように

就業規則の賞与規定のポイント

賞与はその制度があれば就業規則で規定しなければいけない相対的必要記載事項となっています。

これらは再雇用者の賞与についても該当することであります。

従って、再雇用者の賞与については

「その会社の就業規則の規定による」

ということとなります。

 

再雇用規程の規定で明確にする

 

重要なことは再雇用規程の賞与の規定がどのように規定されているかとなります。

この点で、会社の決定や方針を明確に規定しておきましょう。

 

  • 支給するなら「支給することもある」というように規定しておく
  • 支給しないなら「支給しない」と規定する

 

といったことが必要となってきます。