嘱託とは

 

嘱託という言葉もいろいろな会社で使用されています。

もともとは正社員ではないという意味があるようですが、実際の使用においては以下のようなケースで使用されています。

 

  • 定年によって再雇用をすることで嘱託社員と名称をしている
  • 高齢者だけではなく若年者でも非正規の場合に嘱託社員と名称をする

 

ということで明確に定義することは難しいですが、

 

  • 有期労働契約であること
  • 非正規社員であること

 

という意味で使用されていることが多いと思います。

嘱託については法律的な定義ではないので、このように会社ごとに意味や使い方が異なるということになっているといえます。

 

再雇用とは?

 

2012年の高年齢者雇用安定法の改正によって60歳定年で、65歳までは希望者については再雇用をするという会社が多いと思います。

詳しくは以下を参照。

2013年4月施行 高年齢者雇用安定法改正

一番多いパターンとしては

 

  • 60歳を正社員としての定年とする
  • 65歳までは1年有期といったような再雇用契約を締結・更新していく

 

という運用や再雇用者規程ではないかと思います。

このように再雇用とは、60歳の定年の後に、65歳までの継続雇用を実現するというものであるといえます。

再雇用については高年齢者雇用安定法という法律に沿ったものであるので、法律の定義や定めに沿って運用などを行わないと違法となります。

 

再雇用と嘱託

 

大まかにまとめますと

「65歳までの再雇用契約をする高齢者を嘱託社員とする」

としていることが多いと思います。

しかし若年者にも嘱託と名称をしている場合には、再雇用者も嘱託とするとややこしくなるといえます。

そのためどちらかを嘱託という名称から外すということも行われているようです。