休職してしまうと復職でなく退職という流れになることも比較的多いです。

ただ休職での退職理由が自己都合なのか、会社都合なのかでその後の失業保険の受給に大きく影響してきます。

 

休職期間中の退職は自己都合?会社都合?

 

休職期間は勤務期間によって6ヶ月、1年などと比較的長いところが多いかと思います。

そのため途中で退職するというパターンもありますが、この場合も

 

  • 会社から退職を勧めるときには会社都合
  • 復職をあきらめるなど労働者側で退職を決めれば自己都合

 

と通常時の退職とそう変わりありません。

 

休職期間満了での退職は自己都合?会社都合?

 

休職期間満了での退職となるとまずその企業の就業規則の規定がポイントとなってきます。

今でも満了時には解雇するというような規定のところもあるかもしれませんが、そのときには会社都合となることもあります。

ただし当然退職とするというような規定であれば自己都合となってくることが多いでしょう。

 

休職時の退職と傷病手当金、失業保険の切り替え

 

休職期間中、あるいは満了時のどちらにしても考えるべきは

 

  • 健康保険の傷病手当金
  • 失業保険

 

の受給となります。

休職期間の長さによっては傷病手当金の受給がすでに終わってしまっていることもありますが、そのときには失業保険を受給していきます。

理想的には

 

  • 休職での退職で自己都合となるので失業保険の待期期間3ヶ月が適用となる
  • 退職後はまず傷病手当金を受給していく
  • 働けるようになれば失業保険に切替えして転職活動をしていく

 

というような流れとなります。

傷病手当金は最長で原則1年6ヶ月の受給期間となりますが、その期間一杯まで受給すれば良いという人もいるかもしれませんが、キャリアの空白期間が長いので次の転職活動に苦労することが予想されます。

そのためできるだけ空白期間を短くするというのが今後の人生のポイントともなるといえるでしょう。

 

休職での退職でも会社都合となることもある?

 

ただ休職といっても絶対に自己都合となるわけでもありません。

上でも少し説明しましたが会社から退職を勧奨するようなときには会社都合ともなりえます。

また他にも

 

  • 退職をするように話をしてくる
  • 明らかに治癒していても休職から復帰させないような違法行為をする

 

など就業規則の規定、書面などの証拠としては残らないものの退職へ圧力をかけるという企業も存在します。

会社都合、自己都合の判断は最終的にハローワークが行います。

 

  • 離職票の作成
  • ハローワークに提出する
  • 異議があれば労働者はハローワークで離職理由の異議を申し立てる

 

というのが大まかな流れですが、離職理由について異議を申し立ててハローワークを挟み企業と争うようにしていきます。

このときに証拠となるのは何も書面だけでなくICレコーダーのような会話記録も証拠となります。

休職での退職でも勧奨気味のような雰囲気を感じれば後々のことも考えて録音しておくと良いでしょう。

このような証拠があればハローワークも相談に乗ってくれるので、退職時期のかなり前の休職中にも相談しにいくことも視野に入れておいてください。

 

休職による会社都合!その後の転職活動で不利になる?

 

症状にもよりますが休職期間がかなり長くなり、しかも会社都合とスムーズに企業から認めてもらえることもあります。

この場合、傷病手当金と失業保険の受給に関しては問題ありませんが、その後のキャリアが心配になる人も多いのではないでしょうか?

 

  • 休職期間や無職期間が長いと転職で不利になる
  • 会社都合での退職は履歴書に書かないといけないので不利になる

 

といった心配ですが、結論からいいますと両方とも正しいです。

履歴書には離職理由を会社都合であることを隠せば良い、または離職理由を変えれば良いという人もいるかもしれませんが、運良くそれで内定を得たとしてもその後に発覚すれば経歴詐称となり解雇事由となっても不思議ではありません。

そのため症状にもよりますが理想的な休職から転職というように考えれば

 

  • 休職期間中になるべく早く退職するかを決断する
  • 企業からの精神的なストレスをなくし病状を回復させる
  • なるべく早く転職活動をして空白期間を減らす

 

というようにしたほうが良いです。

また法的には休職中に転職活動をしても良いわけで、先に内定を決めてから退職するかどうかを考えても良いわけです。

<スポンサード リンク>