懲戒処分などの際に顛末書や始末書というものが出てくることもあります。

完全に法律的な違いを定義されているわけではありませんが、その内容や性格、そして重さには違いがある程度あって、その後のその企業内での扱いなどにも影響してくることもあります。

懲戒処分といった際の書類なので重要ではあるので、しっかりとそれぞれの違いを理解しておき、自分のケースはどうなのかを理解しておくようにしましょう。

 

顛末書と始末書の違い

 

顛末書というのは不祥事の経緯、背景など客観的事実を記録する書類といえます。

対して始末書というのは顛末書のような客観的事実に加えて不祥事についての謝罪、反省をも含めた内容となります。

 

顛末書と始末書はどっちが重い処分?

 

勘の良い人だと上の説明だけですぐにわかるかと思いますが、処分の重さという意味ではまず始末書のほうが重いといえます。

謝罪や反省ということで単なる事実確認だけでなく、労働者側の気持ちも含まれていることとなるからです。

 

顛末書と始末書の記載内容の違い

 

ネットでも書式は無料ダウンロードできることも多いのですが、具体的な記載項目には違いがあります。

 

顛末書

  • 件名
  • 日時や時刻
  • 場所
  • 実際に自分が行った行為
  • その動機・理由

 

始末書

  • 顛末書の記載内容に加えて謝罪、改善、誓約することも記載

 

このように始末書にだけ謝罪や反省の意思、また今後の改善対策も記載するようになります。

その他は特に違いはないといって良いでしょう。

 

顛末書と始末書と懲戒処分との関係

 

冒頭でもいいましたが顛末書、始末書というのは社内的な懲戒処分とリンクして作成することが多いです。

 

  • 顛末書 一般的に懲戒処分とは関係しない
  • 始末書 けん責、減給、出勤停止などと相まって作成されることが多い

 

始末書は上でもいいましたが謝罪、反省という意味もあるので懲戒処分で提出を求められることが多いです。

同時に法的には懲戒処分に該当する行為などを実際に行ったことを本人が認めるという意味もあります。

つまり不祥事などの重要な証拠となり、将来的な解雇などではその有力な証拠となることもあります。

そのため労働者としてはしてもいないことを始末書などで提出し認めるのは危険ということもいえます。

また顛末書についても客観的事実だけであり反省などは含まれないことが多いのですが、本人が作成し提出したということに変わりはありません。

そのため不祥事の有力な証拠能力は持ってくることが多いはずです。

同様にしてもいない行為などを記載して提出するのはあまりおすすめできないといって良いでしょう。

 

始末書は条件なしに提出させられるのか?

 

上のように始末書というのは懲戒処分とリンクすることが多いので、就業規則もないような企業では提出を求められないとなります。

懲戒処分というのは就業規則に規定してはじめて行えるからです。

またけん責、減給、出勤停止の項目に始末書の提出を求めることもあるというような記載もしておく必要があるでしょう。

 

始末書の提出するしないと将来への影響

 

始末書については下のページでも解説していますが、まだ判例なども出そろっていないといえます。

始末書についてまとめれば

 

  • 労働者に提出を強制することはできない
  • 始末書の不提出を理由に解雇はできない

 

始末書の提出に応じない従業員への対応

 

というところはあります。

ただ始末書の不提出も完全でなく、提出をしないので反省をしないということにもなります。

労働者としては提出すればその後また不祥事を再発させれば解雇理由などともなりえますし、提出しないことでも法的リスクがあるということがいえます。

特に企業と信頼関係がすでに損なわれているような場合には提出をどうするかでなく、信頼関係をどう回復するかという話し合いなどのほうが重要ではないかと思います。

<スポンサード リンク>