休日に待機させる

 

労働時間とは

「使用者の指揮命令下に置かれている時間」

とされています。

この定義がありつつ、

「休日と表向きいっていて、仕事の用事があれば電話で呼び出すように命令する」

という会社も多いと思います。

このような「休日」は労働時間になるのかどうか?ということがしばしば問題となります。

 

ほぼ労働時間となる

 

休日とは就労義務を免除している日です。

冒頭のような「呼び出しがあれば出てきてもらう」というような「休日」は休日ではありません。

この場合、労働時間と解釈されるケースが非常に多いのではないかと思います。

待機させている時間のどこまでが労働時間となるかは実態も加味されるとは思いますが、会社に不利な判断となることも多いでしょう。

 

スイッチオン命令

 

この他、出勤してきてもらうということまで行かなくても

「携帯電話を電源をつけさせておいて、労働者の休日に仕事上の連絡や照会をする」

ということもかなり安易に行われています。

これも会社としては金銭請求を受ける可能性も十分にあります。

また特に悪質なケースでは会社貸与の携帯ならまだしも、私用携帯をスイッチオンさせているような会社も散見されます。

会社としては安易に行いやすいことですが、法的リスクを考えるとこのようなことは厳に慎むべきことであるとなります。

リスクとしては

 

  • 労働時間と解釈されれば賃金が「休日」に発生する
  • 労働時間も長い場合には精神疾患で会社の法的責任が問われやすくなる

 

ということがあります。

休日中の労働者に仕事の電話をする

 

労働者が勝手に行う休日の連絡も禁止する

 

会社や経営陣などは

「休日の労働者に連絡をすることは避けている」

と統一されていても、労働者が業務上の連絡をしていることもあります。

これも会社として指導・教育して禁止させるべきことであると思います。

「知らない」でどこまで通用するかはわかりませんので、会社として対応をきっちりと行いましょう。