休日出勤での休憩

 

この問題は案外よく知らない方が多いと思います。

例えば

「休日出勤して8時間労働をした」

といった場合、休日出勤なので休憩の付与は必要ないと考えてしまう人もいます。

この点について紹介しておきます。

 

労働基準法第34条

 

休憩についてはこの条文で定めがあります。

これを読むとわかりますように、特に休日について適用除外はなされていません。

ですので、休日出勤でも休憩の付与が必要となります。

つまり

 

  • 6時間を超える場合には45分
  • 8時間を超える場合には1時間

 

の休憩を付与が労働時間の途中に必要ということになります。

「超える」という法律用語も誤解が多いところです。

以下のページに詳細を記載しておきましたので、参照してください。

6時間勤務での休憩時間

 

休日出勤では労働時間の管理が困難

 

通常の出勤日の労働時間では

「始業と終業」

の時刻があり、それにそって労働時間や休憩の管理を行うこととなっていると思います。

しかし休日出勤の場合、このようなことではなく、各人がまちまちで出勤することもあります。

このような場合によくあるのが

 

  • 休憩をとっていないと主張された
  • 休憩をとれないと主張された
  • 休憩がとれていないのに休日の休憩を給与計算で賃金カットになっている

 

といったようなことです。

この場合、後から休憩がとれたのかとれていないのか明確な証拠もなかなかないものです。

しかしかといって、「休憩をとれていない」としている労働者の休憩分の給与をカットすれば未払賃金請求問題も起こる可能性もあります。

このような場合、

 

  • 休日出勤では管理者を置く
  • 経営者自らが休日に出勤する

 

といったことが必要なこともあるでしょう。

また休憩は必ず途中に休日でも取得するように指導も行っていきましょう。