旧姓で勤務したい

 

特に女性においては結婚後で氏名が変わり、また離婚でも旧姓に戻るといった氏名の変更が割合あるものです。

このような場合、本名を使用するのが通常ではありますが、事情によっては

「旧姓でいきたい」

といったような事情もあることもあります。

 

本名でないといけない書類

 

しかし希望はともかく、

「本名でないといけない書類」

も存在しています。

例えば役所・行政に届出するようなものです。

労務関係でいえば

 

  • 雇用保険・社会保険の被保険者資格取得届
  • 年末調整

 

このようなものはすべて役所を通す書類ですので本名でないといけないとなります。

 

賃金台帳とタイムカード

 

これらは本名でなくても法的には問題ありません。

しかし例えば

 

  • 労働基準監督署
  • 社会保険事務所
  • 税務署

 

といったところから調査が入ることもあります。

このときに年末調整のような本名で届出している氏名と違うとややこしいことにもなります。

従って基本的に社内的に保管しておくべき賃金台帳とタイムカードも氏名を変更するべきであると考えます。

是正勧告とは?

是正勧告チェックシート

厚生年金保険の被保険者資格と報酬について調査を受けた

 

氏名を旧姓にするかどうか?

 

結婚と離婚では氏名を女性は自分で選ぶこともできます。

都合の良い氏名を戸籍で選択し、本名でしなければいけない今回のような届出もその都合の良い氏名で行えるように本人に手続をしてもらうようにするべきだと思います。