トライアル雇用助成金とは?



トライアル雇用とは、雇用保険の助成金です。

職業経験、技能、知識等により就職が困難な求職者を一定期間試行雇用(トライアル雇用)することにより、業務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、雇用主と求職者の相互理解を促進すること等を通じて、求職者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

トライアル雇用の対象となる求職者



以下の者をハローワークを通じて雇用することで、トライアル雇用の助成金を受給することができます。



  • 45歳以上の中高年齢者

  • 20歳以上40歳未満の若年者

  • 母子家庭の母

  • 障害者

  • 季節労働者

  • 日雇労働者

  • 中国残留邦人等永住帰国者

  • 住居喪失不安定労働者、ホームレス

トライアル雇用の受給額



上限:最大3ヶ月で12万円)

途中で対象労働者が離職しても、日割りで支給されます。

トライアル雇用の手続




  1. ハローワークへ求人票と、労働条件を記載した「トライアル雇用求人関係資料」を提出

  2. 対象労働者を雇入れてから2週間以内に「トライアル雇用実施計画書」を提出

  3. トライアル雇用終了の日から1ヶ月以内に「トライアル雇用結果報告書兼試行雇用奨励金支給申請書」を提出。

申請時の添付書類




  • トライアル雇用期間中の出勤簿

  • 賃金台帳

  • 労働者名簿