日給の残業代

 

日給制であっても残業代の支給義務があります。

 

  • 1日8時間
  • 1週40時間

 

を超えた部分には25%以上の割増賃金の支給となります。

少し具体例で計算をしてみましょう。

 

計算の具体例

 

例えば以下のようなケースがあったとします。

 

  • 日給 12000円
  • 1日の所定労働時間 6時間

 

このような契約で、9時間労働をしたとします。

まずこのケースでの時給は

12000円 ÷ 6時間 = 2000円

となります。

8時間までは法定時間内ですのでこの2000円の支給で良いとなります。

ですので6時間から8時間までの2時間の労働分は

2000円 × 2時間 = 4000円

の支給で良いとなります。

最後に8時間から9時間の1時間の残業がありますが、これは8時間を超えているので25%の割増賃金が必要となります。

ですので

2000円 × 1.25 × 1時間 = 2500円

となります。

ですのでこのケースでの支給額は

12000円 + 4000円 + 2500円 = 18500円

としなければいけません。

 

日によって時給が変わるケース

 

日給では日によって所定労働時間がまちまちであることもあります。

このような場合、上記のような時給を算出すると時給額も日によってまちまちとなっていることもあります。

この場合、残業代はどのように計算すれば良いのかということですが、日給制を採用しているには理由があると思います。

 

  • 日単位で雇用するのは業務の繁閑が激しいから
  • 月給とすると月単位でフルに勤務してもらうほど仕事があるかわからないから

 

また日給は原則、1日単位での所定労働時間とそれに対する賃金の支給ということを契約します。

ですので日ごとに時給が変わっても違法ではないといえると思います。

従って日給者の残業代の計算の基礎となる時給はその日の賃金と所定労働時間ごとに計算し、変わるということでも良いと考えます。

ただし就業規則について日給者についての残業代の計算方法について規定しておくことをお勧めします。

<スポンサード リンク>