雇用契約期間が1か月

 

正社員ではない採用の場合には

「有期での雇用契約期間」

が雇用契約書などで設定されています。

よくあるのが

 

  • 3か月
  • 6ヶ月
  • 1年

 

といった期間だと思います。

3か月でも「短い」と労働者サイドには思われることも多く、不安を与えてしまいます。

しかしまれに「1か月」での雇用契約を締結する会社もあるようです。

このような場合には

 

  • いつ雇用契約を終了されるかわからないので次の転職先を探すべき
  • 信用できない会社

 

というように思われることも非常に多いと思います。

 

法的には1か月の雇用契約期間も違法ではない

 

常識的に見れば

「1か月の雇用契約を提示する会社は異常」

というように解釈されるかもしれません。

しかし法律的には問題とされず、違法ではありません。

それどころか1日ずつ契約更新をしても問題とはなりません。

 

なぜ1か月の雇用契約とするのか?

 

会社には会社の事情があると思います。

たとえば

 

  • いつ担当してもらっている仕事がなくなるかわからない状態である
  • その労働者の勤務態度などが非常に不安である

 

事情はともかく契約更新期間を短くすればするほどたしかにトラブルとはなりにくいです。

短い雇用契約期間を告げられた労働者も「すぐに辞めるべき会社」と割り切れるのであと腐れもなく、また退職時にはトラブルにさえもならないかもしれません。

上記にも紹介しましたようにたしかに1か月での雇用契約も違法ではないですが、労使である程度は信頼関係がないと業務もうまくいかないところもあります。

法律ではなく常識にも留意して契約期間は決定するべきかもしれません。

<スポンサード リンク>