労働契約と転籍

 

これにはいくつかのパターンがありますが、

 

  • 成績の悪い労働者を転籍させる
  • 業績の良くない部門を丸ごと他社に売却する

 

といったことなどで転籍は起こります。

詳しくは以下を参照。

会社売買(譲渡)と転籍

どのようなパターンとしても転籍とは

「現在在籍している会社との雇用契約を解消し、新たに別の会社とで雇用契約を締結する」

という趣旨のものです。

関連会社がまったく知らない会社かは別にしてよくあることとしては

 

  • 給与が減る
  • その他の待遇も変化したり悪くなる

 

ということはよくあることです。

 

転籍は本人の同意なしに行えない

 

非常に多くある法的トラブルとしては

「転籍を会社が労働者に迫る」

ということです。

しかしそのような権利は会社にはありません。

断る権利は労働者にもあり、本人の同意なしに転籍を行うことは不可能です。

 

転籍トラブルの解決方法

 

労働条件が大きく下がることもよくあるので、トラブルは非常に多いのがこの転籍です。

労働者が泣き寝入りして転籍に同意する、もしくは元のところで阻害されつつ勤務を継続するといったような解決は多いと思います。

転籍そのものに反対を主張し、会社と争うということも可能ではあります。

しかし労働基準監督署などでは取り扱わないことも多いと思います。

労働局などで斡旋も可能ではありますが、法的効力には疑問がつきます。

また訴訟や労働審判もありえますが、会社に一旦は意趣を持たれた身ではあります。

勝ったとしても在籍を継続するのはどこまで気持ち良くできるかは難しいところかもしれません。

<スポンサード リンク>