傷病手当金受給中に別の病気にかかる

 

傷病手当金とは、健康保険に加入している者が疾病・負傷によって労務不能となった場合に、所得保障として現金給付がなされるものです。

傷病手当金の受給中に、関連性のない病気などにさらにかかることもありますが、この場合、

 

  • 傷病手当金は2倍受給できるのか?
  • さらに1年6か月受給することができるのか?

 

といった疑問を持たれる方が多いようなので、ここで紹介しようと思います。

この問題に関しては2つに分類して考えられます。

それは

 

  • 後発傷病では労務不能とならないケース
  • 後発傷病単独で労務不能となるケース

 

以下このケースごとに説明します。

 

後発傷病では労務不能とならないケース

 

この場合は、後発傷病に関しては傷病手当金の支給対象要件を満たしていないとなります。

ですので前発傷病の受給期間の1年6か月が満了となった時点で、傷病手当金の受給は終了となります。

 

後発傷病単独で労務不能となるケース

 

この場合、前発と後発傷病のそれぞれで傷病手当金の受給要件を満たしていますので、それぞれで受給となります。

ただし

 

  • 前発と後発で傷病手当金の受給が重複する期間は、1つの傷病手当金の受給額しか支給されない
  • 前発による手当金の支給が満了となって時点で後発分の手当金の受給が開始される

 

という原則となります。

損得論からいえば(もちろん損得で語るものではないかと思いますが)、前発による手当金の受給が終わるぎりぎりで後発による手当金の受給が開始される場合には金銭的な受給額が一番大きいものとなるということです。

また後発についての受給期間も通常と同じ1年6か月とされています。

つまり前発と後発の合計の受給期間は、

 

1年6か月 × 2 - 前発と後発でかぶっている期間

 

となるということです。

<スポンサード リンク>