算定基礎届

 

社会保険の算定基礎届とは、定時決定といいます。

毎年7月に行います。

この定時決定ではその年の4・5・6月の報酬がまずわからないと計算できません。

 

4・5・6月の報酬とは?

 

少しややこしいですが、

 

  • 4月~6月に実際に支払った報酬
  • 4月~6月を給与計算期間として、5月~7月に支払う報酬

 

の2種類で混同される方がいますが、この算定基礎届では、1つめを採用します。

ですので、4月○日・5月○日・6月○日に実際に支払った報酬がわかるものを用意します。

 

用意する報酬の注意点

税金等控除前の総支給額

4月~6月の報酬とは、あくまでも控除前の金額です。

 

交通費の処理について

交通費も算定基礎届に届出なければなりません。

(ですので、交通費が高い人は、社会保険料も高くなる可能性があります)

通勤定期券の料金を支給している場合

 

  • 4月支払給与 14.2万(4月20日に42000円を定期券として支給)
  • 5月支払給与 10万
  • 6月支払給与 10万

 

定期券を3ヶ月定期で支給している(42000円とします。定期券の支給対象は4・5・6月の3月とする)。

この場合

4.2万÷3月=1.4万 を各月に足します。

  • 4月報酬 11.4万
  • 5月報酬 11.4万
  • 6月報酬 11.4万
<スポンサード リンク>