賞与と新入社員

 

賞与では

 

  • 支給対象期間
  • 支給日

 

とがあります。

このうち新入社員の場合、支給対象期間の途中に入社してくるといったことがあります。

このような場合に賞与を支給するべきかどうかという問題について記載をしておきます。

 

法律では定めはない

 

もともと賞与については労働基準法その他の法律に定めはありません。

詳しくは以下を参照。

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

そのため新入社員について賞与を支給するべきかどうかについては就業規則その他の規程によって会社があらかじめ決定しておくべきであると考えます。

よくある規定としては

 

  • 入社1年未満の者については賞与を支給しない
  • 賞与対象期間すべての在籍する者に限って支給をする
  • 賞与対象期間の在籍日数に応じて支給をする

 

という形式があります。

すでに記載をしましたが、どの方法を採用しても違法でもありません。

 

新入社員についての規定がない場合

 

まれにこのような会社もあるようです。

この場合にはトラブルとなることもありますが、要は会社と労働者(または代理人)との話し合いによって賞与の支給について解決することとなるでしょう。

 

賞与とは利益の分配

 

規定がないとなると解決はやはり難しいです。

というのも会社も労働者もどちらにも言い分がありますし、また規定がなく解決の判断基準もないからです。

しかし賞与とはもともとその期の利益の分配という性格があります。

そのため在籍日数に応じて賞与は支給するというのが自然なようにも思います。

今回もし新入社員の賞与についてトラブルとなってしまったという場合には、就業規則の変更等によって今後は同じトラブルとならないようにしておきましょう。

<スポンサード リンク>