賞与が正社員にない

 

最近多い相談なのでここで整理して紹介しておきます。

「求人を見ると正社員でも賞与も退職金もないのは違法ではないのですか?」

とこのような照会の内容です。

結論からいいますと、違法ではありません。

賞与も退職金も正社員でもその他の非正規雇用でも特に制度として導入しなければいけないといった義務は会社にはありません。

ただし、

 

  • 就業規則に賞与や退職金の制度を規定していればその通りに支給しないといけない
  • 規定をしていなければ賞与も退職金も支給義務はないとなる
  • また金額を確定的に規定しているような場合には、経営不調でもその通りに支給しなければいけない

 

というようになります。

詳しくは以下を参照。

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

確定的なということについては実際にはあまりないと思いますが、就業規則や労働契約書等で

 

  • 賞与は最低○万円保障
  • 賞与は基本給の○ヶ月分を保障

 

といったような内容です。

しかしこのような規定はあまりないのではないかと思います。

 

賞与がない場合に入社をするべきか?

 

これについてもよく聞かれます。

結論からいえば、入社するべきかは個人が決定するべきことです。

求人に賞与の記載がない、賞与がないという記載があるといった場合、入社して賞与制度が導入される可能性は高いとはいえません。

そのため賞与や退職金の制度がある待遇も伴った正社員として勤続していきたいということであれば、やはり求人の段階で賞与制度などがあるのかをチェックしてから選択をしたほうが良いと思います。

<スポンサード リンク>