労働協約

 

労働協約とは、労働組合法第14条~18条に定められています。

労働組合と使用者が労働条件等で合意し、署名・押印することで効力を発揮するというものです。

 

労働協約の規定内容

 

1、前文又は序文

 

2、総則に関する条項

  • 労働協約の目的
  • 労働協約の適用範囲
  • 組合員の範囲
  • ショップ制
  • 経営権と労働権に関すること

 

3、組合活動に関する条項

  • 就業時間中の組合活動(賃金について等)
  • 会社施設の利用(組合事務所、備品、掲示板)
  • 組合専従者
  • チェックオフ(組合費天引き)

 

4、人事に関する条項

  • 人事原則
  • 採用
  • 人事異動(転勤、出向)
  • 解雇
  • 懲戒
  • 退職(定年制、継続雇用制度)
  • 休職と復職
  • 教育又は研修

 

5、労働条件に関する条項

  • 総則
  • 賃金(賃金、退職金、賞与(一時金)、昇給などの基準)
  • 労働時間(所定労働時間、休憩、交替制、フレックスタイム制、変形労働時間制、裁量労働時間制、時間外及び休日労働等)
  • 休日(休日振替、代休、公民権行使)
  • 休暇(年次有給休暇、生理休暇、産前産後の休暇、特別休暇、育児の時間、欠勤等)
  • 育児介護休業
  • 宿日直
  • 出張
  • 配置転換、出向

 

6、災害補償に関する条項

  • 療養補償
  • 休業補償
  • 障害補償
  • 遺族補償
  • 傷病補償
  • 葬祭料

 

7、安全衛生に関する条項

  • 安全衛生の措置
  • 総括安全衛生管理者、安全管理者、衛生管理者、作業主任者、産業医
  • 災害予防
  • 安全施設
  • 安全衛生教育
  • 安全委員会、衛生委員会(安全衛生委員会)
  • 健康診断
  • 病弱者の就業禁止

 

8、福利厚生に関する条項

  • 福利厚生施設
  • 福利厚生施設の利用について
  • 生活・住宅融資
  • 慶弔見舞金

 

苦情処理に関する条項

  • 苦情処理手続
  • 苦情の範囲
  • 苦情処理委員会(仲裁及び団体交渉との関連)

 

9、労使協議制に関する条項

  • 労使協議会(経営協議会又は労働協議会)
  • 設置の趣旨
  • 構成及び運営
  • 付議事項
  • 専門委員会

 

10、団体交渉に関する条項

  • 団体交渉の原則及び交渉義務(唯一交渉団体)
  • 交渉事項
  • 交渉機関
  • 交渉担当者
  • 交渉手続きとその方式
  • 交渉時間
  • 傍聴者及び公開・非公開

 

11、平和条項

  • 平和義務
  • 争議調整条項
  • 労働委員会等第三者のあっ旋・調停

 

12、争議行為に関する条項

  • 争議行為の予告
  • 争議行為不参加者の取扱い(休暇、欠勤等の取扱い)
  • 代替要員雇入禁止
  • 争議中の団体交渉
  • 争議中の賃金不払い
  • 保安要員
  • 会社施設の利用
  • その他争議行為に関する事項

 

13、効力

  • 疑義の取扱い
  • 協議中の適用
  • 有効期間(改廃手続)
  • 自動更新(自動延長)
  • 余後効

 

14、附則

  • 労働協約締結日及び締結者
  • 了解事項
<スポンサード リンク>