会社が契約変更に応じてくれない

 

一旦雇用契約を締結したものの、その後に

「雇用契約の内容を守れない」

ということは労働者サイドに発生することはあります。

例えば

 

  • 週5日勤務と契約したものの、事情で勤務回数を減らさないといけない
  • 特定の曜日に勤務するように契約したが、その曜日に他の用事が入り勤務ができない

 

など主に正社員以外で発生しやすいことがいえます。

よくあるのが

「このような雇用契約の内容の変更を会社に交渉したが、今更変更はできない」

と言われてしまうようなことです。

たしかに一旦は雇用契約を締結しているわけで、会社の言い分にも一理あるような気もします。

このような場合に、その後どのようにしていけば良いのか?につおて紹介しておきます。

 

雇用契約とは労使の合意が前提

 

基本的に

「面談等を行い、労使で意思確認をして雇用契約の締結をした」

ということがあると思います。

雇用契約の変更もこれと同じであって、やはり労使の合意によって変更をするのが原則となっています。

従って冒頭のような事情があっても、基本的に会社に何度か話をしうてでも自分ができる勤務体系を会社に飲んでもらうということが必要となります。

 

それでも会社が応じてくれない

 

普通はここまですれば調整はしてくれるでしょう。

また同時に変更後の雇用契約書を当らに締結をします。

しかしごくまれにこれでも応じてくれないということはあるかもしれません。

この場合は

「退職の申出をする」

ということも1つの手段といえます。

勤務シフトの調整をしてくれないのであれば仕方もありません。

労働者から退職の申出をすればすぐに退職はできます。

会社にはそれを引き止める権利も資格もありません。

「就業規則には○日前と記載をしている」

とまれに強硬的に主張されるかもしれませんが、30日以上前に退職の申出をしているというような場合違法的ともいえるでしょう。

最長でも30日後には退職をしても問題ないと考えます。

合意退職と辞職

正社員に即日に退職したいと言われたらどうするか?

就業規則に違反して退職されても訴えられない

突然退職した社員への損害賠償

引継ぎをする相手がいないときには退職できないか?

もちろん、会社の就業規則通りの期日で退職をしても問題ありません。

会社との話し合いの感じや、今までの信頼関係によって決定していきましょう。

<スポンサード リンク>