雇用契約書の間違い

 

会社も人間でミスをすることはよくあります。

例えばこの雇用契約書というのは非常に重要な書類です。

その内容によって

 

  • 仕事の内容
  • 給与の支給額

 

なども変わってくるのですが、まれに

「給与支給額を間違えて記載をし、すでに労使で締結をしてしまった」

というようなこともあります。

締結前であればまだしも、すでに締結をし、契約書のコピーも労働者に渡してしまっています。

このような場合にはどのように対応するべきかについて紹介しておきます。

 

労働者の受取り方

 

よくあるのが

「仕事を一生懸命しているので昇給をしてくれたのだろう」

というようにミスの記載を昇給と解釈されているようなこともあります。

このような場合にはやっかいかもしれません。

間違いとはいえ、すでに合意をしている契約ではあるので、

 

  • 正しい雇用契約書を作り直す
  • 労働者にミスを話す
  • 正しい雇用契約書で再度締結をする

 

という作業が必要となりますが、このように昇給と思われていれば修正に納得してくれないことも多いです。

ただ、ほとんどは急に話もなく昇給もないと解釈してくれていると思いますので、この場合には話をして雇用契約書を正しいもので締結をするということで問題はないことも多いでしょう。

 

悪意を持って解釈する

 

このような場合には労働基準監督署はあまり調査をするといったことは少ないと思います。

ただし会社が悪意を持って不当な給与の引き下げを間違いと主張している場合にはどうかはわかりません。

また悪意を持って労働者がこのように解釈をし、弁護士さんなどの代理を依頼するということも否定はできません。

通常は手当を5000円ほど高く間違えて記載をしてしまったというようなミスだと思うので、さすがにこのような事態まではあまり怒らないと思います。

<スポンサード リンク>